芥川賞作家・宇佐見りんさんが図書館に新作「くるまの娘」を寄贈 静岡・沼津市

芥川賞作家・宇佐見りんさんが図書館に新作「くるまの娘」を寄贈 静岡・沼津市

  • LOOK 静岡朝日テレビ(ニュース)
  • 更新日:2022/05/14

静岡県沼津市出身の芥川賞作家・宇佐見りんさんが沼津市立図書館を訪れ新作の「くるまの娘」を寄贈しました。

宇佐見りんさんは1999年生まれの大学生。2019年に「かか」で作家デビューを果たし第2作「推し、燃ゆ」で第164回芥川賞を受賞しました。そして第3作となる「くるまの娘」を今月14日に出版しました。午前沼津市立図書館を訪れた宇佐見さんは沼津市の奥村篤教育長に新刊本を手渡しました。

沼津市立図書館では宇佐見りんさんの特設コーナーを設けて作品を展示しています。

[ 関連記事を読む - ニュース ]

LOOK編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加