菅田将暉のセカオワFukase評は「おしゃべりお兄さん」、Saoriは「まじサイコパス」

菅田将暉のセカオワFukase評は「おしゃべりお兄さん」、Saoriは「まじサイコパス」

  • 音楽ナタリー
  • 更新日:2021/06/11

映画「キャラクター」の初日舞台挨拶が本日6月11日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、キャストの菅田将暉FukaseSEKAI NO OWARI)、高畑充希中村獅童小栗旬、監督の永井聡が登壇した。

No image

左から菅田将暉、Fukase(SEKAI NO OWARI)。

すべての画像を見る(全30件)

「キャラクター」は、浦沢直樹のマンガ「20世紀少年」「MASTERキートン」のストーリー共同制作者である長崎尚志が原案および脚本を務める実写映画。スケッチに向かった先で一家殺人現場に遭遇し犯人を目撃してしまう主人公・山城圭吾を菅田が演じ、山城の運命を狂わせる天才的な殺人鬼・両角をFukaseが演じる。

No image

菅田は高校時代に初めてCDを買ったアーティストがSEKAI NO OWARIだったことを明かし「Fukaseさんは僕にとって憧れの人なので、山城と両角を自分とFukaseさんで演じられたことがすごくうれしかったです」と感慨深そうな表情を浮かべる。司会者がFukaseの演技について「本っ当に気持ち悪かったです」と評すると、Fukaseは「本っ当にありがとうございます。撮影中、監督に『今の気持ち悪くなかったからもう1回』と何度も言われたのでそれは褒め言葉です」とうれしそうに返した。Fukaseは現場での思い出を振り返り、「皆さん優しくて現場は楽しかったのですが、ビジュアルが出たときに両角に“美しき異常者”、山城に“未熟な漫画家”というキャッチフレーズが付いていて、逆じゃない?と思いました。“美しき漫画家”と“未熟な異常者”のほうがよかったんじゃないかなと」と苦笑した。

No image

またセカオワメンバーからの反応を問われたFukaseは「メンバー3人とも今日観てくれたみたいで、Saori(Piano)からは『この役を演じながらラブソングを書いてたのまじサイコパス』と連絡がきました」と明かし、菅田が「現場で『ラブソング書いてるんだ』って言いながら血で真っ赤でしたもんね」と付け加えた。本作が俳優デビュー作となるFukase。舞台挨拶中盤には共演者たちが彼の印象について次々と語った。中村は「演技が初めてとは思えない。本読みのときから完璧に仕上げてきていました」と演技力を絶賛。高畑は「カメラが回っていないときにこんなにお話ししてくれる方だとは思わなかった」とギャップに驚いた様子で、菅田も「おしゃべりお兄さんだよね」と同調した。

No image
No image
No image

パブリックイメージとは異なる秘められた“キャラクター”を、事前に書いたフリップで明かすコーナーでは、Fukaseが「実は私…ひょうきんキャラ」と書いたフリップを掲げ、「暗くて寡黙なイメージを持たれがちで。別に面白いわけじゃないんですけど、ずっとしゃべってますね」と先ほど菅田や高畑が語ったことを裏付けた。“汁キャラ”だと自称したのは菅田。「なんかあるかなと思って人生を振り返ったら、涙や汗をすごいかいてきたなと。あとそもそもすごく汗っかきなんですよね。一緒にラーメンを食べて俺より汗かいている人を見たことがない」と理由を述べると、小栗が笑顔で「“汁将暉”って呼ぶね」とひと言。 Fukaseは思い出したように「そういえば(菅田と)近いシーンがあったので“汁将暉”の汁浴びました」と語った。

劇中で両角がポラロイドカメラを使用していたことから、Fukaseが登壇者をポラロイドカメラで撮影して舞台挨拶が締めくくられることに。最後にFukaseが「殺される前の表情してくださいね!」と元気よく声をかけて共演者たちをフィルムに収めた。

(c)2021映画「キャラクター」製作委員会

音楽ナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加