肩のけがで離脱中のインディアンス・ビーバー投手、キャッチボール再開

肩のけがで離脱中のインディアンス・ビーバー投手、キャッチボール再開

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/07/20
No image

インディアンス・ビーバー(2019年8月4日撮影)

右肩のけがで離脱しているインディアンスのエース、シェーン・ビーバー投手(26)は19日、負傷者リスト(IL)入りして以来、初めてキャッチボールをする姿が目撃された。MLB公式サイトが報じている。

ビーバーは6月14日、10日間のILに登録された。今後のリハビリプロセスについては不明。

今季はここまで7勝4敗の成績。オールスターにも選ばれた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加