「Pepper」活用のSTEAM教育オンライン講座を新たに開講‐SB C&S

「Pepper」活用のSTEAM教育オンライン講座を新たに開講‐SB C&S

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/06/11
No image

SB C&Sは6月11日、自宅でSTEAM教育が受けられるオンライン専用講座「STELABO Online(ステラボ オンライン)」において、人型ロボット「Pepper(ペッパー)」を活用した「STEAMマスターコース プロフェッショナルクラス」を2021年7月3日より新たに開講すると発表した。

「Pepper」の教育機関向けモデルが発表 ‐ STREAM教育を推進

STEAM教育とは、科学(Science)、技術(Technology)、工学(Engineering)、芸術などを含む幅広い基礎教養(Arts・Liberal Arts)、数学(Mathematics)を総合的に学ぶ教育のこと。

「STELABO Online」は、これまでブロックを使った小学校低学年向けのコースや、Makeblock社の「mBot(エムボット)」やプログラミング学習用のコンピューターボード「micro:bit(マイクロビット)」を使用した小学校中・高学年向けのコースを提供してきている。新しいクラスの新設により、「Pepper」の操作に必要なプログラミング技能や、制御に必要なテクノロジーが習得できるようになった。

具体的には、「Pepper」の教育用プログラミングツール「Robo Blocks」で基本操作を学習した後、遠隔にいる「Pepper」をインターネット経由で制御し、その様子を画面越しに確認する。また、「Pepper」の制御に必要な算数や理科、機械やテクノロジーの仕組みなどの学びにもつながるとしている。

なお、「STELABO Online」各コースの概要は以下の通り。

早川竜太

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加