【MLB】三塁踏ませぬ快投 6回零封の菊池雄星を指揮官絶賛「彼の中で最も優れた登板」

【MLB】三塁踏ませぬ快投 6回零封の菊池雄星を指揮官絶賛「彼の中で最も優れた登板」

  • フルカウント
  • 更新日:2020/08/02
No image

アスレチックス戦に先発したマリナーズ・菊池雄星【写真:Getty Images】

サービス監督「彼のマリナーズでの登板の中で最も優れたものの1つだった」

■アスレチックス 3-2 マリナーズ(日本時間2日・シアトル)

マリナーズの菊池雄星投手が1日(日本時間2日)、本拠地でのアスレチックス戦に先発し、6回3安打無失点と好投した。チームが延長の末に敗れて菊池に勝敗はつかなかったが、スコット・サービス監督は「彼のマリナーズでの登板の中で最も優れたものの1つだった」と左腕の投球を絶賛した。

この日の菊池は圧巻の投球を展開した。初回、セミエン、ラウレアーノから三振を奪って3者凡退。2回もオルソン、ピンダーから三振を奪って2イニング連続で3者凡退に仕留めた。6回に先頭のデービス、続くピスコッティに連打を許して無死一、二塁のピンチを招いたが、マーフィー、セミエンを連続三振に斬るなど後続を封じた。

6回3安打無失点、アスレチックスに三塁を踏ませぬ好投を見せた菊池。2点リードのまま、勝利投手の権利を持ってマウンドを降りたが、7回にマーゲビチウスが同点2ランを被弾した。今季初白星が消えたが、試合後、サービス監督は左腕の投球に目を細めた。

地元紙「シアトル・タイムズ」はサービス監督の言葉を伝え、指揮官は「全体的に見て、彼のマリナーズでの登板の中で最も優れたものの1つだった」と語ったという。また、地元スポーツ局「ルート・スポーツ」のプロデューサーであるジェン・ミラー氏は自身のツイッターで「スコット・サービスは今夜の試合のキクチを、彼がここでした登板の中で最も優れたものの1つだったと評した。競争心が非常に際立っていた、と言った」とレポートしていた。(Full-Count編集部)

Full-Count編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加