ロースタイルで過ごしやすいお部屋が叶う。インテリア実例やポイントをご紹介

ロースタイルで過ごしやすいお部屋が叶う。インテリア実例やポイントをご紹介

  • folk
  • 更新日:2021/02/23

ロースタイルインテリアで開放的に!

低いソファやテーブルを取り入れることで、広く開放的に見せるメリットがあるロースタイルのインテリア。今回は、過ごしやすいお部屋を叶えたロースタイルのインテリア実例をご紹介します。低い家具で素敵なコーディネートを実現しませんか?リビングを中心に、ロースタイルインテリアを取り入れた実例をピックアップしました。

ロースタイルなインテリア実例《モノトーン編》

ローソファが主役のインテリア

まずご紹介するのは、白い枠が印象的なモノトーンのローソファが主役の実例です。カラーはモノトーンでまとめられており、すっきりとしたコーディネートになっています。ソファの低さに合わせて、テーブルも高さのないものをチョイス。観葉植物とブルー系のカラークッションがポイントとなった、おしゃれなロースタイルインテリアとなっています。

グレーの壁紙がおしゃれなインテリア

グレーの壁紙は、モノトーン系のコーディネートを中心に特に人気のポイントカラーアイテムです。こちらでは、窓枠に合わせてグレーの壁紙が取り入れられており、リビングを上下に分けて見せています。下の白い壁紙の高さに合わせ低い家具をレイアウトし、淡いカラーの家具でコーディネートすればすっきりとしたモノトーンのロースタイルインテリアが実現します。

黒を効かせたハンサムなインテリア

圧迫感が出がちなダークなトーンの家具も、ロースタイルで取り入れれば、部屋を圧迫せずすっきりとした印象に見せられます。こちらでは、ブラックとホワイトのツートンがおしゃれなテレビ台をコーディネート。真っ白なリビングの床に合わせてモノトーンでまとめられており、スタイリッシュなお部屋となっています。

白いテーブルをコーディネートしたインテリア

同じモノトーンでも、白を中心にコーディネートすれば、清潔感のあるお部屋が叶います。さらに、ロースタイルなセンターテーブルをコーディネートして、開放的でおしゃれなリビング空間に。淡いグレーのソファで囲ったテーブルのスペースも、決して窮屈な印象はなく過ごしやすそうなリビングが演出されています。

ガラステーブルをコーディネートしたインテリア

透明なガラステーブルも、圧迫感を与えないメリットのあるアイテムです。さらに、低い家具を選ぶことでお部屋を広く見せてくれますね。ソファの上のクッションも、モノトーンでまとめられており統一感も◎。余分なものを置かず、清潔に保たれたロースタイルな空間で、ホテルライクな雰囲気もあるお部屋となっています。

白いベッドを取り入れたインテリア

6畳や8畳など、限られた間取りが多い寝室。そんな寝室を広く見せるポイントは、ロースタイル家具にあります。こちらでは、お部屋を広く見せるホワイトカラーのベッドをコーディネート。さらに、低いベッドを取り入れることで、部屋を広く見せておしゃれな寝室を演出しています。

ロースタイルなインテリア実例《北欧編》

モノトーンに木目がアクセントのインテリア

北欧テイストのコーディネートにも、ロースタイルなインテリアが良く合います。こちらのリビングでは、低いグレーのソファを中心に北欧系のインテリアをレイアウト。リビング空間は、ソファとラグが置かれロースタイルな空間となっています。天井が高いお部屋では、ロースタイルインテリアが引き立ち、より開放的に見せてくれますよ。

カラフルなクッションがかわいいインテリア

カラフルな北欧柄のクッションをコーディネートするだけで、ロースタイル×北欧系のインテリアが楽しめます。こちらでは、圧迫感のないシンプルな白いソファをコーディネート。低いソファに飾られたクッションが、お部屋の印象をおしゃれに仕立ててますね。おしゃれなファブリックをポイントで取り入れれば、一人暮らしでも簡単にトライできるのでおすすめです。

テレビボードを主役にしたインテリア

お部屋にテレビボードが欠かせないという人も多いはず。流行りの壁掛けテレビでも、テレビボードを置くことで収納を増やすことができます。テレビ周りをシンプルに見せたいときには、低いテレビ台をコーディネートしてロースタイルにまとめましょう。テレビ台の上にお気に入りの雑貨を飾れば、おしゃれなアイテムとしても楽しめますよ。

テーブルを部屋の中心に置いたインテリア

シンプルに見せたいときには、ラグやソファを置かないアイデアもおすすめです。こちらでは、リビングインテリアとして定番のソファやラグを置かないスタイルを確立されています。テーブルはロースタイルな生活を叶えてくれる低めのものをチョイス。余計なものを置かず低い家具を採用することで極限まで開放感を求めた、シンプルなリビング実例です。

ピンクとグリーンがおしゃれなインテリア

フロアベッドを置けば、より開放感のあるロースタイルな寝室を叶えられます。こちらで採用されているのは、かわいらしいピンクのベッド枠。壁やインテリアには深いグリーンをコーディネートして、色鮮やかなお部屋に見せています。低いベッドは、リラクシーな空間を演出するメリットがあるアイテム。寝室空間をより落ち着いたムードでまとめてくれますよ。[mobile][toc][/mobile]

ロースタイルなインテリア実例《ナチュラル編》

白と木目のナチュラルなインテリア

定番のナチュラルインテリアにも、ロースタイルな家具が人気です。こちらでは、手前に低めのソファをコーディネートし、テーブルと目線に合わせた高さのテレビ台が配置されています。長方形のスペースを最大限に活用したレイアウトとなっており、リビングの中心も広く開放的な印象となっていますね。

ウォルナットカラーがおしゃれなインテリア

ウォルナットカラーの家具で統一すれば、スタイリッシュなロースタイルインテリアが楽しめます。テレビボードの低さと同じ高さに合わせてテーブルがチョイスされており、雰囲気をおしゃれにまとめていますね。ウォルナットやブラックなどの濃い目のカラーの家具も低いデザインのものを選べば圧迫感なく、リビングを広く見せられるのでおすすめです。

一人暮らし◎なヴィンテージライクインテリア

限られた広さの一人暮らしには、部屋を広く見せてくれるロースタイルインテリアがぴったり。こちらの写真ではこだわりの家具が並べられ、グレーやブルーのファブリックを採用しコーディネートしてあります。ハンサムな空間となっており、一人暮らしの男性にもおすすめのヴィンテージライクな雰囲気となったおしゃれなお部屋実例です。

すのこベッドを使ったインテリア

シンプルなすのこベッドは、ロースタイルな寝室を目指す方におすすめのアイテムです。こちらの寝室ではすのこベッドにマットレスを重ねてあります。扱いやすく湿気やカビ予防などのメリットがあるすのこベッドは、低い位置で布団を敷くことができ、寝室を広く開放的に見せたいという方にもぴったり。淡いグレーとパンパスグラスが印象的なおしゃれな空間となっています。

インダストリアルのミックスインテリア

ナチュラルテイストのウォルナットのベッド枠に、ダークグレーの壁紙が印象的なお部屋。壁紙もベッド枠も濃い目のカラーを選ぶことで、ナチュラルとインダストリアルが融合したおしゃれな空間となっています。ベッドの高さに合わせ、低めのサイドテーブルを置くことで機能性も充実した寝室に。おしゃれなロースタイル家具を主役にした、メリット満載の実例です。

理想のインテリアをロースタイルで叶えよう

あなたが理想とする北欧系やナチュラルなどのコーディネートも、ロースタイルなら開放的でおしゃれにみせられます。今回は、低い家具を積極的に取り入れたおしゃれなロースタイル実例を系統別に紹介しました。一人暮らしで模様変えをお考えの方や、インテリアを新しく購入したいと思っている方は、ロースタイルインテリアにもぜひ目を向けてみてくださいね。

Sarry

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加