ホンダの新型SUVが「オシャ内装」しかも「実用的」!? 2023年春発売「ZR-V」の「欲張り」な仕上がりとは

ホンダの新型SUVが「オシャ内装」しかも「実用的」!? 2023年春発売「ZR-V」の「欲張り」な仕上がりとは

  • くるまのニュース
  • 更新日:2022/11/25

実用性とデザイン、走りを兼ね備えた「オシャレ」な新型SUV

ホンダは2022年11月17日、来春2023年4月21日に発売する新型SUV「ZR-V」の概要を発表しました。

デザイン性の高さが見どころのひとつですが、とりわけ内装のオシャレな仕立てには注目が集まっています。

No image

2023年4月21日に正式発売予定のホンダ 新型SUV「ZR-V」[ボディカラー:ノルディックフォレストパール]

新型ZR-Vは、非常に欲張りな目標をもとに開発されたSUVです。

【画像】内装が「オシャレ」で「実用的」! ホンダ 新型SUV「ZR-V」の写真を見る(51枚)

SUVのコア価値「実用性」と、最新の安全装備と衝突安全性能が生み出す「信頼感」に加え、存在感のある「デザイン」、そして爽快かつ快適な「走り」を高い次元で兼ね備えることを目指したとホンダでは説明します。

外観上のデザイン性を追求するあまり、室内の広さや荷室の空間が犠牲になるケースも少なくありませんが、新型ZR-Vはこの両方を兼ね備えるというから期待が高まります。

ボディサイズは、全長4570mm×全幅1840mm×全高1620mm、ホイールベースは2655mmです。これを、ホンダで現在販売中のSUVラインナップと比較してみましょう。

コンパクトSUV「ヴェゼル」は、全長4330mm×全幅1790mm×全高1580mmから1590mm、ホイールベース2610mm。

一方ミディアムクラスSUV「CR-V」は、全長4605mm×全幅1855mm×全高1680mmから1690mm、ホイールベース2660mmです。

サイズを比べる限り、新型ZR-Vは2モデルの中間よりややCR-V寄りのポジションを狙っていることがわかります。

クルマの実用性を決定づける室内や荷室のパッケージングについてホンダは、クルマとの一体感が強く感じられる「セダンライクなSUV」を目指したといいます。

SUVらしい高いアイポイントとする一方、上半身をゆったりとシートに預けるセダンに近い運転姿勢を設定しています。また荷室についても、十分な広さとフラットな床面を備えた実用的な造りとしました。

そして内装デザインについては、上質で遊び心のある世界観の創出を狙ったといいます。

内装色には、マルーンが選択できます。ブラウン調のコーディネートはとても上品なイメージ。よく見てみるとオレンジのステッチが随所に施されているのも、オシャレな印象を与えます。

シート素材にはレザーもしくはプライスムースとファブリックのコンビシートが設定されています。

このほかにも、ドアアームレストやセンターアームレスト、そしてインパネなどのソフトパッド部分に、艶やかさとメリハリある陰影が感じられます。これは各部の表皮に、ガラスパールを用いた素材が使用されているためです。

このように細部まで上質な仕立てにこだわったことで、オシャレさや上質さを追求しているのです。

※ ※ ※

新型ZR-Vに搭載されるパワートレインは、2リッター+新世代2モーターハイブリッドシステム(「スポーツe:HEV」)と、2.4リッター車並みの性能を誇る1.5リッター直噴ガソリンVTECターボエンジンの2種類です。

駆動方式は共に、2WD(FF)に加え4WDも選択可能で、グレードはガソリン車では「X」と「Z」、ハイブリッド車は「e:HEV X」と「e:HEV Z」が設定されます。

新型ZR-Vの消費税込み価格は、1.5リッター直噴ガソリンVTECターボ車が294万9100円から376万8600円まで。スポーツe:HEV車が329万8900円から411万9500円までとなっています。

くるまのニュース編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加