夏も!冬も!オーストリアで人気上昇中の穴場「ムーラウ地方」

夏も!冬も!オーストリアで人気上昇中の穴場「ムーラウ地方」

  • LINEトラベルjp
  • 更新日:2020/11/22
No image

夏も!冬も!オーストリアで人気上昇中の穴場「ムーラウ地方」

オーストリアの第二都市グラーツから西に130Km、ムーラウ地方は一般的には馴染みの薄いエリアと言えるでしょう。しかし、田舎でも抜群にインフラが整っているオーストリアなら、無名のリゾート地でも楽しい時間を過ごせます。夏は避暑に、冬はスキーに、正に穴場。いわゆる高級リゾート地ではなく、物価が比較的安いこともポイント。静かに過ごしたい人、ローカルを楽しみたい人におすすめです。

意外な人たちに人気のムーラウ地方

写真:小谷 雅緒

ムーラウ地方(Region Murau)はムーラウ市を中心とした、ムール川(Mur)流域です。オーストリアの主要都市やメジャー観光地と隣接しておらず、何かのついでに訪れたり、通り過ぎることはないでしょう。

写真はムーラウ市中心部を流れるムール川。ムーラウの旧市街は小さいながらも雰囲気が良いです。

※行政的には隣接する郡も含まれます。

No image

写真:小谷 雅緒

ここはかねてよりハンガリー人に突出して人気があり、ハンガリー人経営のホテルや、ハンガリー人向け別荘地帯があるほど。高級感はなくとも、リゾート地としてのインフラは十分に整っています。そして、季節営業のホテルやレストランなどは、ハンガリーからの出稼ぎ労働者で支えられています。

写真はSankt Lorenzen ob MurauのKreischbergスキー場と宿泊施設群。

No image

写真:小谷 雅緒

反面、国際的なイベントも開催され、金に糸目を付けない人たちが訪れるエリアでもあります。行政的には隣りの郡になりますが、F1が開催されるレッドブルリンクや、航空ショーが開催される空軍基地があるからです。

とはいえ、ムーラウ地方にはF1関係者やセレブが泊まるような高級ホテルは少なく、派手さはまったくありません。ある意味、極めて限定的な人たち御用達エリアといえます。

写真は料金も手ごろな城館ホテルのSchloss Gabelhofen。ランチ利用もおすすめです。また、ホテルの裏手に天然温泉施設AQUALUXもあります。

<Schloss Gabelhofenの基本情報>
住所:Schlossgasse 54, 8753 Fohnsdorf
電話番号:+43-3573-55550

ムーラウ地方のスキー場

No image

写真:ムーラウ地方観光局

ムーラウ地方のスキー場は他のオーストリアのスキーリゾート地と比べ、規模が小さいだけで、内容は遜色ありません。各スキー場周辺にはスキー学校やスキーショップ、様々な宿泊施設にレストランがあります。

※写真はKreischberg

No image

写真:ムーラウ地方観光局

トゥラッハ湖を囲むようにあるTurracher Hoheは、ムーラウ地方最大規模で、レベルや目的に応じたコースを選ぶことができます。スキー教室も盛んです。宿泊施設のチョイスも多く、湖を臨むエレガントな雰囲気のホテルや、山小屋風のホテルもあります。

避暑地としてのムーラウ地方

No image

写真:小谷 雅緒

ムーラウ地方には自然を満喫できるアクティビティがたくさんあります。ハイキングやトレッキング、サイクリングが適していることは、想像に難くないでしょう。

No image

写真:小谷 雅緒

圧倒されるような風景ではないかもしれませんが、ちょっとしたエクスカーションに適したスポットは豊富です。写真はギュンスターの滝(Gunster Wasserfall)。

<ギュンスターの滝の基本情報>
住所:Schoderbach, Austria, 8844
アクセス:公共交通なし
入場自由、入場無料
入口にある小さなバーで飲み物販売あり。トイレ無し

No image

写真:小谷 雅緒

そこら中にのどかな景色が広がっているムーラウ地方。夏季シーズンの週末に運行される蒸気機関車に乗るのも楽しいでしょう。ムーラウ地方ではオーストリア国鉄ではなく、私鉄のシュタイヤーマルク鉄道(Steiermarkbahn)が走っています。

ムーラウ地方のグルメ

No image

写真:小谷 雅緒

ムーラウ地方で圧倒的なシェアを誇るムラウアービール(Murauer Bier)。ウィーンなど別の土地でも見かけることはありますが、ムーラウ地方での存在感は抜群です。ムーラウ旧市街の端にある工場では試飲付き見学ツアーの他、様々なグッズが買えるショップも併設されています。

<Murauer Brauerei基本情報>
住所:Raffaltpl. 19, 8850 Murau
電話番号:+43-3532-32660
ツアー及びショップの営業時間:季節や曜日により異なるため、事前に要確認
ヒント:ツアーは独語のみで2時間も続き、料金は16.5ユーロもするため、参加は要検討

No image

写真:小谷 雅緒

地理的にイタリアにも近いムーラウ地方には、イタリアンレストランも多くあり、イタリア移民が経営しているところも少なくありません。相対的にレベルの高いイタリアンが楽しめます。

グルメガイドや口コミで超絶高評価のSilvanoは、移民2世の夫婦が切り盛りする本格リストランテですが、石窯で焼くピザも美味。

<Ristorante Pizzeria da Silvanoの基本情報>
住所:St. Lorenzen 56, 8861 St. Lorenzen ob Murau
電話番号:+43-3537-387
営業時間:水~日 17時より、日のみランチ営業あり、シーズンオフの長期休業あり
英語可、予約必須

No image

写真:小谷 雅緒

もちろん、ムーラウが所在するシュタイヤーマルク州らしいグルメもあります。なんといってもパンプキンシードオイルが名産。写真はパンプキンシードオイル入りのアイスクリームです。

ムーラウ地方へのアクセス

先述の通り、ムーラウ地方はオーストリア国鉄が走っていないため、鉄道利用は私鉄のシュタイヤーマルク鉄道利用となります。例えば、ウィーンからは急行も停車するUnzmarktで乗り換えることができます。

自家用車があれば行動範囲が広がりますが、駅近のホテルやスキー場を選べば、のんびりローカル列車のシュタイヤーマルク鉄道での移動も可能です。

暮らすような旅をしたい人にぴったりのムーラウ地方では、チェーン店のスーパーですら地方色あふれていて、ここならではの発見があるはず。ガイドブックにも掲載されていない穴場がいっぱいです。

2020年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

関連MEMO

ムーラウ地方観光局(外部リンク、独語のみ)

Schloss Gabelhofen(外部リンク)

ムラウアービール(外部リンク)

Ristorante Pizzeria da Silvano(外部リンク)

シュタイヤーマルク鉄道(外部リンク、独語のみ)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加