ついに全話配信開始。『オビ=ワン・ケノービ』はいかにして生まれたのか?

ついに全話配信開始。『オビ=ワン・ケノービ』はいかにして生まれたのか?

  • ぴあニュース
  • 更新日:2022/06/23

Disney+配信中のオリジナルドラマシリーズ『オビ=ワン・ケノービ』がついに完結した。本作は『スター・ウォーズ』サーガの重要キャラクターのひとり、オビ=ワン・ケノービを主人公にした作品だが、彼が本シリーズで見せる表情や迷いは長年に渡ってシリーズを見続けてきたファンも大きな驚きを与えるものになっている。シリーズ全話の監督を務めたデボラ・チョウは「彼は人生の中で、これまでとは少し違った局面にいる」と説明する。

本作の舞台は、映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』の後。帝国が銀河を支配し、若いジェダイだったアナキン・スカイウォーカーは“ダース・ベイダー”として人々を恐怖で支配している。そんな中、アナキンの師オビ=ワンは辺境の惑星で、アナキンの息子ルークの成長を見守っていたが、アナキンのもうひとりの娘レイアが何者かにさらわれたとのしらせが届く。

新たな冒険に旅立つオビ=ワン、まだ幼くも勝気なレイア、自分を苦しめたオビ=ワンの行方を追うベイダーとその配下の者たち。熾烈な過去を背負った者たちの知られざるエピソードが全6話で描かれる。

本シリーズは実現までに様々な経緯があり、最終的に『マンダロリアン』のいくつかのエピソードを手がけたチョウ監督が参加することになった。

「私がこのシリーズに参加した段階では、すでに本シリーズの時代設定は決定していました。このシリーズはふたつの三部作(映画エピソード1から3と、エピソード4から6の三部作)の間ですから、私たちは『シスの復讐』で何が起こったのかを知っています。あの物語では非常に苦しいことがたくさんありました。そこをベースに今回の物語を創作していきました」

平和と調和を重んじるジェダイの騎士たちは、恐怖、怒り、力で人々を制圧するシスの勢力に敗れ、多くのジェダイ騎士が命を落とした。銀河は帝国に支配され、人々は怯えている。サーガの中では“頼れる賢人”として描かれてきたオビ=ワンも本作では後悔や焦り、諦めの感情に囚われている。

「そのような感情を描くことに、私も(オビ=ワン役の)ユアン・マクレガーも、(アナキン/ベイダー役の)ヘイデン・クリステンセンも興味を持ちましたし、最も面白いと感じたのです。私たちはオビ=ワンやベイダーがこの先にどうなっていくのか知っているわけですが、彼は人生の中で、これまでとは少し違った局面にいるのです」

そんなオビ=ワンと行動を共にし、彼に変化を促すのが幼いレイアだ。1977年製作の『スター・ウォーズ』では老人になったオビ=ワンが、囚われたレイアを救出する旅に出たが、本作では同じ構図が繰り返され、同時にレイアの存在が、失意の中にいるオビ=ワンを救っているようにも思えるのがポイントだ。

「レイアはこのサーガにおいてアイコニックなキャラクターで、キャリー・フィッシャーが非常に印象に残る演技を見せてくれたので、レイアの若い頃を演じる俳優を探すのは本当に大変でした。この物語のレイアは10歳ですが、そんな若い少女にこれまで描かれてきたレイアと同じ精神を与えなければならかったのです。
私たちはこれまでに描かれてきたレイアの物語をすべて見返して、そこから10歳のレイアのキャラクターを創造していきました。すると、自然な流れで本作におけるオビ=ワンとレイアの関係が生まれてきました」

新キャラクター、新要素とSWサーガの“バランス”を重視

No image

デボラ・チョウ監督

おてんばで、無邪気だけど、時に大人顔負けの鋭さを見せるレイアと、そんな彼女を守りつつも彼女の存在によって回復していくオビ=ワン。そんなふたりを、ベイダーの命を受けた尋問官リーヴァが追う。彼女はオビ=ワンを執拗に追跡する一方で、ベイダーに評価され、彼に近づくことに命をかけており、他の尋問官を出し抜くこともいとわないキャラクターだ。「悪役は単なる悪者ではなく、複雑な背景を持っている方が面白い」と語るチョウ監督は、リーヴァを描くことを楽しんだという。

「本シリーズには過去と未来がすでに描かれているキャラクターがたくさん登場しますから、本作から登場する新しいキャラクターを描くことはとても楽しいことでした。私たちはそのキャラクターの過去を知らないし、これからどうなるのかも知りません。新しいキャラクターを創造する際には“彼らがエピソード1から3の三部作”で起こった出来事に何らかの影響を受けている”ことを重視しました。観ている方にはリーヴァも含め、それぞれのキャラクターがなぜ、このような人物になったのか考えながら観てもらえたら、と思っています」

多くの人が愛し、様々な角度から語り、想像してきた映画シリーズの“空白の期間”を描く本シリーズは、すでに存在している映画やシリーズの見方をさらに豊かなものにするだろう。

「本シリーズは、ふたつの三部作の間に位置するものですから、ふたつの三部作をよく観て、その間に自然に存在するようなルックで語りたいと思いました。その上で、本シリーズだけの新しいことに挑戦したいと思いましたから、そのバランスをどうとるのかをすごく意識しています」

『オビ=ワン・ケノービ』
ディズニープラスにて独占配信中
(C)2022 Lucasfilm Ltd.

naoyakoike

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加