シヤチハタが河野大臣“脱ハンコ”でも「大丈夫」と断言できる意外な理由

シヤチハタが河野大臣“脱ハンコ”でも「大丈夫」と断言できる意外な理由

  • 文春オンライン
  • 更新日:2020/11/20

昭和の会社では、入社すると自分の机の上に名刺と一緒にネーム印「シヤチハタ」が置いてあった。朱肉やスタンプ台は必要なし、10年たってもキャップをとってポンと押すだけでOKの不思議なハンコだ。

河野太郎行革大臣が「脱ハンコ」を言い出したとき、とっさに「シヤチハタは大丈夫だろうか?」と思った人も多いのではないだろうか。

「シヤチハタはハンコの会社ではありません」

「『シヤチハタさんは大丈夫ですか?』と何度か尋ねられました。ありがたいことに『ハンコといえばシヤチハタ』と思われている方もたくさんいらっしゃるようなのですが、正確にいうとシヤチハタはハンコの会社ではありません。

弊社が主に取り扱っているのは、インキ浸透式のネーム印や、日付を押すデート印、オーダーメイドで作る住所スタンプ、それからスタンプ台や朱肉。印章、つまり朱肉をつけて押印する硬いハンコは製造していないんです」

No image

ハンコ文化はなくなる?

そう語るのは舟橋正剛社長。

もともと行政手続きでは「シヤチハタ不可」が一般的なので、役所などで押印廃止となっても、すぐに大きな打撃をうけるわけではないという。ただ、「脱ハンコ」はいずれ民間へと波及するので今後、紙にハンコを押す行為自体が減り、ネーム印やスタンプを使う場面は減っていくだろう。

25年前にデジタル分野に進出していた

「いつかハンコがいらなくなるのではと、私たちは危惧していました。デジタル化とペーパーレスは90年代から叫ばれていましたし、実際、朱肉はこの10年、じりじりと売上を減らしています」

しかし、シヤチハタは「ハンコ消滅」という未来を手をこまねいて見ていたわけではない。実は早くも25年前にシヤチハタはデジタル分野に進出している。ちょうど「Windows95」が発売されて日本中がこれからはパソコンの時代だ、と確信したあの年だ。

「父の舟橋紳吉郎が社長を務め、私はまだ入社していない頃です。

父はデジタル化の波を感じ、シヤチハタで何ができるかと模索した結果、『これからはパソコンのなかで決裁する時代だ』と社内ネットワーク上で電子文書に押す承認印のサービスを開始しました。電子印鑑システム『パソコン決裁』です。

現在はタブレット端末やスマホでも使えてOSを選ばないクラウド捺印サービスに発展しています。ユーザーは、パソコンで作成した稟議申請書や見積書、注文書といった電子文書にクラウド上で印影データを加えることができます。ただの印影データと違うのは、コピーされないように個々の“認証情報”が組み込まれている点です」

コロナ禍で注目を集めた「パソコン決裁」

しかし、世のデジタル化が進んでも「パソコン決裁」の売り上げは伸び悩んだ。それでも改良を進め、販売を続けていたが、その状況を一変させたのが今回のコロナ禍だ。

「捺印のために出社する」という問題の解決策になればと今年3月に無料開放したところ6月末までに27万件の申し込みがあったという。ようやく25年前の挑戦が花開きつつあるのだ。

昔ながらの会社と思われがちなシヤチハタだが、いちはやく電子印鑑システムの構築に取り組んだように、これまで独自のデジタル技術を磨いてきた。

バーコードやQRコードに代わりえる技術

「今、期待しているのが個別認証技術です。2008年にインキの着色の違いをナノレベルで識別し、個々の商品を認証する技術を開発しました。たとえば、高価なブランド品を買ったときに、製品ラベルを撮影してサーバーに送信すると、保存してあるデータと照合して本物か偽物かを判断できます。

印影の偽造防止策を研究するなかで、ラベルなどの印刷物は色の微粒子の配置が個々に違うことがわかり、その応用で開発したシステムです。

この個別認証技術は、理論上は無限個を個別に識別できます。また、個々のインキの着色の違いを見るので、バーコードやQRコードのように新たな画像も必要ありません。バーコードやQRコードに代わりえる技術だと自負しています。

ただ、たとえばバーコードを使っているところは、すでにそのシステムが完成していて新たに個別認証のシステムを作るのはハードルが高い。あと、1億個の中の1個を識別できる個別認証のニーズが果たしてどこにあるのか、まだ答えが見つかっていません。ブレイクさせるには勉強が必要ですが、可能性のある技術だと思っています」

創業100年を超える老舗企業が脱ハンコの流れをどう受けとめているのか、それでもハンコが消えない理由、コロナ禍でヒットした意外なスタンプ商品の裏話、もともとスタンプ台を作っていたのに、スタンプ台のいらないスタンプを作ってヒットさせるなど、「自己否定がDNA」というシヤチハタが見据える未来など、舟橋正剛社長が語った「『脱ハンコ』はチャンスでもある」は「文藝春秋」12月号および「文藝春秋digital」に掲載されています。

(「文藝春秋」編集部/文藝春秋 2020年12月号)

「文藝春秋」編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加