FANTASTICS・堀夏喜、芝居への思い膨らみ新たな挑戦「想像もつかない姿だと...」

FANTASTICS・堀夏喜、芝居への思い膨らみ新たな挑戦「想像もつかない姿だと...」

  • マイナビニュース
  • 更新日:2022/09/23
No image

PARCO PRODUCE 2022『ホームレッスン』(2022年9月24日〜10月9日 紀伊國屋ホール)が上演される。作・谷碧仁、演出・シライケイタによる本作は、ある家族の姿を描いた5人芝居。中学で現代国語を教える伊藤大夢(田中俊介)は恋人の三上花蓮(武田玲奈)と“できちゃった結婚”をすることになり彼女の実家で暮らし始めるが、そこは奇妙な「100の家訓」が存在する家族だった。

FANTASTICS堀夏喜、25歳の今も成長止まらず「この歳でまだ伸びるのかと怖い」

今回本格的な舞台に初挑戦するのが、家訓を破って懲罰のために部屋に閉じ込められている花蓮の弟・朔太郎役の堀夏喜(FANTASTICS from EXILE TRIBE)だ。ふだんはパフォーマーとして活躍しており、最近ではドラマ『少年のアビス』や映画『HiGH&LOW THE WORST X』など俳優としても活動を重ねている。ちょうど「もっとお芝居を頑張りたい」と思っているところに舞台の話が飛び込んできたという堀にインタビューし、ハードなシーンも待っている今回の挑戦について話を聞いた。

○■「もっと力をつけていきたい」と思っていた

――本格的な舞台に初挑戦とのことですが、いかがですか?

お芝居1本の舞台は初めてなんですが、グループ活動以外で個人の映像のお仕事をさせていただいて、「もっと力をつけていきたい」「お芝居をしっかり突き詰めたい」と思っていた中でのお話で、思い描いている作品に出会うことができました。脚本を読み込んで長期間、作品に向き合える舞台に挑戦してみたいと思いましたし、お芝居を頑張りたいけど具体的にどう行動に移したらいいのか探しているところでもあったので、本当にすごいタイミングでした。

――お芝居に対しての気持ちはどうやって膨らんでいったんですか?

グループに入った頃はお芝居に挑戦することすら想像してなかったですし、やりたいと思いはじめたのは本当に最近なんです。グループのライブでお芝居を取り入れて舞台的なことをやってみたのが入口で、さらに1人でドラマの現場に行き始めるようになって。グループから離れてお芝居の現場にいると緊張することもたくさんあるんですけど、その分達成感とやりがいがあり、何より今まで経験したことがなかった“演じる”という行為がすごく面白かったので、今は本当にどんどん挑戦したいという気持ちです。

――今回の稽古の段階で学んだことや、刺激を受けたことは?

意気込みプラス緊張と不安で考えが凝り固まってしまっていて「役になりきらなきゃ」と考えていたんですが、演出のシライさんとご挨拶をした時に「堀夏喜としての魅力を出そう」とおっしゃってくださったんです。役と自分を織り交ぜるということに気づかせていただいて、今後もお芝居をする上で大切な言葉をいただいたと思っています。

実際に稽古に入ってからも自分の経験と実力の足りなさが身に染みて、全てが勉強になっています。台本の読み合わせをしているだけでも、書かれている以上の流れや息遣いが存在しているんです。周りの役者の方々は本当に色々な演技を試されているので、最近はちょっとずつ自分でも色々な表現を試してみたいなと思っていて、実際にやってみることで新たな面白さも感じました。

――主演の田中さん、他の共演者の皆さんとも交流されているんですか?

田中さんとは実は同郷なので、愛知県の話をしたりしています。同郷が多かったので、ちょっと盛り上がることもありました。5人中3人が愛知県出身だったので「そんな現場なかなかないよね」と(笑)

――LDHさんの中でも俳優をされている先輩はたくさんいると思いますが、共演してみたい方はいますか?

やっぱり、同じ愛知県出身の岩田(剛典)さんです。僕はまだライブでしかご一緒したことがないんですけど、岩田さんのこれまで出られた作品のお話や、お芝居のお話をしてみたいし、勉強させていただきたいです。
○■クライマックス級のハードなシーンが…

――今回紀伊國屋ホールでの上演となりますが、こういった舞台作品にはこれまで触れていたんですか?

僕としては劇場で公演をするということ自体が、新しい感覚なんです。メンバーの出演する舞台も観に行かせてもらっていたんですが、その時はお客さんとして楽しんでいたので、今となればもっと視点を変えて観てみたかったな。今後はもっと感じることがありそうだなと思っています。

――それはやっぱりパフォーマーとしてステージに立っている時の気持ちと違うものでしょうか?

全然違いますね。もちろんパフォーマーとしての感情の設定とかはあるんですけど、今回はもう頭がパンクしてます(笑)。ダンスではペース配分も考えられるんですが、今、お芝居に向かっていると感情に重きをおいて第一に表しているので、疲れ方が全然違うんです。内側から疲れが来る感覚です。

――台本を読むとかなりハードなシーンもあるかと思います。ファンの方も驚かれるのでは…?

本当にクライマックス級のハードなシーンがあって、心をすごく使うなという感覚があります。普段の僕の活動を知っている方からは、想像もつかない姿だと思うので、相当びっくりされるんじゃないかな、と……。でも僕はびっくりしてもらえることにやりがいを感じますし、きっと舞台に惹きつけられると思うんです。逆に普段の活動を知らない方には、舞台が終わってからFANTASTICSに触れて、ギャップも感じていただけたら嬉しいです。

――では、改めてこういうところを見てほしい、というポイントも教えて下さい。

いろんな家族の形があり、その家ならではの“普通”というものがあると思うけど、これだけ奇妙な家族を見て何を感じるのか……いろんな方が観て反応してくださることによって、この舞台自体も変わっていきそうだなという予感もしています。僕自身も内側から面白いと思っているお話なので、絶対に観ていただきたいですし、個人的にも初めての経験となるので、僕がチャレンジしている姿にもぜひ注目してください。

■堀夏喜
1997年8月6日生まれ、愛知県出身。2016年からFANTASTICS from EXILE TRIBEのパフォーマーとして活動。主な出演作としてドラマ『恋です! 〜ヤンキー君と白杖ガール〜』(21年)、『東京であざとく頑張って何が悪いの? 〜上京ガールの成長日記〜』『少年のアビス』(22年)、配信ドラマ『L 礼香の真実』(20年)などに出演。現在映画『HiGH&LOW THE WORST X』が公開中。

佐々木なつみ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加