【ロッテ】V逸危機回避 中村奨吾がモイネロから155人目“1号”土壇場追いつき延長勝ち越し

【ロッテ】V逸危機回避 中村奨吾がモイネロから155人目“1号”土壇場追いつき延長勝ち越し

  • 日刊スポーツ(野球)
  • 更新日:2022/09/23
No image

ソフトバンク対ロッテ 延長10回表ロッテ1死一、二塁、高部は中堅へ2点適時三塁打を放ち、ガッツポーズをする(撮影・屋方直哉)

<ソフトバンク3-6ロッテ>◇23日◇ペイペイドーム

ロッテが強力リリーフ左腕2人を攻略し、敗れればV逸の状況で踏みとどまった。

1点を追う9回1死、中村奨吾内野手(30)がモイネロから同点12号ソロ。あと2死という土壇場で起死回生の1発となった。ロッテの打者がモイネロから本塁打を放つのは初めてで、のべ155人目の打者での“1号”となった。

「追いつくことができて良かったです。なんとかこのゲームを取れるように、みんなで勝ち越したい」

そんなキャプテンの思いに応えたのは、今季大きく成長した高部瑛斗外野手(24)。延長10回1死一、二塁。左キラーのソフトバンク嘉弥真に徹底してスライダーで攻められるも、甘めに入った5球目を見事に右中間にはじき返し、2点適時三塁打とした。

「大事な場面で1本打てて良かったと思っています。絶対にバットに当ててやろうという気持ちでいきました」

その後高部の好走塁もあって、3点リードに。リリーフ陣に不安が残る中、最後は守護神のロベルト・オスナ投手(27)が来日後初めて2イニングを投げ、勝利をもぎ取った。

これでシーズン7試合を残し、67勝68敗1分けの借金1に。この日を終えても順位は変わらず5位ながら、CS圏内となる3位楽天には1・5ゲーム差に迫った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加