NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
古橋移籍の神戸、34歳FW田中順也が逆転決勝弾!敵地でG大阪撃破

古橋移籍の神戸、34歳FW田中順也が逆転決勝弾!敵地でG大阪撃破

  • ゲキサカ
  • 更新日:2021/07/21
No image

[7.21 J1第22節 G大阪1-2神戸 パナスタ]

ヴィッセル神戸が敵地でガンバ大阪に2-1で勝利した。神戸の白星は2試合ぶりだが、7戦負けなしで勝ち点は41。対するG大阪は5試合ぶりの黒星を喫した。

先制はG大阪だった。前半19分、右サイドからMFウェリントン・シウバがDFとGKの間にクロスを通す。これが上手くフリーになっていたFWパトリックにピタリ。ブラジル人ホットライン、背番号18の2試合連続弾で先にスコアを動かすことに成功した。

だが神戸もすぐに反撃。前半27分、DF初瀬亮が蹴った左CKをゴール中央でFWドウグラスが頭で合わせて同点。さらに同31分にはサイドチェンジのボールを右サイドで受けたDF酒井高徳が縦に仕掛けてクロス。FW田中順也が上手く頭で合わせてゴール右隅に流し込んだ。

神戸は前節でFW古橋享梧がセルティック移籍のためにチームを離れた。チーム得点王の離脱は大きな痛手となったが、代わって出場した34歳のベテランFWが、意地のゴールで逆転勝利を呼び込んだ。

一方のG大阪は連勝ならず。終盤には怒涛の攻めをみせたが、後半39分のパトリックのシュートはポストを直撃。ラストプレーとなったFW宇佐美貴士のシュートもわずかに枠を外れた。★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2021シーズンJリーグ特集ページ

●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加