きっと来年がある。無念の大会中止を受け、北國新聞から高校生に向けて送るエール『あと365日』

きっと来年がある。無念の大会中止を受け、北國新聞から高校生に向けて送るエール『あと365日』

  • AdGang
  • 更新日:2020/06/02

あと365日
北陸地方の代表的な新聞である北國新聞は、日本最古の歴史を誇るアマチュアスポーツ大会である『高等学校相撲金沢大会』を主催しています。大正4年の第1回大会から地域一丸となって出場する高校生を応援し、今年で104回目の開催となるはずでした。
しかし新型コロナウイルス感染拡大と緊急事態宣言によって、今大会は中止に。高校3年間の集大成を披露する最後の舞台は、無情にも失われてしまいました。
仕方

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加