鍵握る矢島 昌子出遅れか/G大阪-C大阪予想布陣

鍵握る矢島 昌子出遅れか/G大阪-C大阪予想布陣

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/07/01
No image

G大阪-C大阪の予想スタメン※布陣イラストの【 】内は2月の開幕時のスタメン選手。システム変更でポジションが異なる場合あり

<4日18時 G大阪-C大阪(パナスタ)>

新型コロナウイルスの感染拡大による影響で、2月下旬から中断していたJリーグ。6月27日のJ2再開&J3開幕に続き、4日にはいよいよJ1もリモートマッチ(無観客試合)で再開します。2月21、22、23日の開幕節1試合のみ戦い、その後止まっていた約4カ月間で、チームはどう変化しているのか-。システムは? スタメンは? 戦力は? 再開まで3日となった1日、全9試合の予想スタメンを一挙掲載。開幕戦との顔ぶれを比較をしながら、待望の一戦への妄想!? を膨らませましょう!

<セレッソ大阪>

中断期間明けから大きなケガ人も出ず、逆に離脱者が戻って万全の布陣で臨めそう。今季から加入のMF坂元は13日の練習試合で足を打撲。翌週、20日の試合は大事をとって回避も、ロティーナ監督によると大きな問題はなく、7月4日のG大阪戦に間に合う。また昨年末の負傷から長期離脱していたFW高木は中断期間を逆に生かして順調に回復。チーム練習に戻ってきている。過密日程克服へ、指揮官はレギュラー層の増員を掲げており、実績ある選手に加え、U-23からも新戦力発掘を狙う。

<ガンバ大阪>

J1では6年ぶりの優勝へ、高い位置からのプレスで攻撃的なサッカーの完成を目指す。中盤でカギを握るMF矢島は「球を保持するには守備が大事。激しくやっていきたい。J2降格がないのと同時に、僕たちには優勝がある。1つずつ白星を重ねたい」。3、4バックの併用も定着し、韓国代表DFキム・ヨングォンは「重圧もあるが、はね返すくらい期待に応えたい」。一方で新加入のDF昌子は新天地デビューが遅れそうだ。痛めていた右足首は一時は回復したが、再び状態が思わしくなく無理はさせない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加