ANA・ゼンリンら、ANA空港アクセスナビの徒歩区間に「バリアフリー地図/ナビ」機能を追加 車いすユーザーの移動履歴を地図上で可視化

ANA・ゼンリンら、ANA空港アクセスナビの徒歩区間に「バリアフリー地図/ナビ」機能を追加 車いすユーザーの移動履歴を地図上で可視化

  • AMP[アンプ]
  • 更新日:2021/09/16

全日本空輸(以下、ANA)、WheeLog、ゼンリン、ゼンリンデータコムは、2021年9月15日より、経路検索サービス「ANA空港アクセスナビ」の徒歩区間における「バリアフリー地図/ナビ」機能の運用を開始すると発表した。

No image

「バリアフリー地図/ナビ」機能では、経路検索結果に表示された屋外徒歩区間における最短ルート情報や車いすで実際に走行したルート・利用したスポットなどのバリアフリー情報が表示され、目的地までの最短経路と合わせて、車いすユーザー向け移動参考情報の確認が可能であるという。

また、「WheeLog!アプリ」との併用により、同機能を使用した車いすユーザー向けの走行ルートやスポット情報の追記・編集が可能となり、車いすユーザーが互いの移動を支えあうデータベースの構築が進むという

ANA、WheeLog、ゼンリン、ゼンリンデータコムをはじめとしたUniversal MaaSblankのパートナー各社は、従来より交通事業者、自治体、大学などと連携し、何らかの理由で移動にためらいのあるユーザー(移動躊躇層)に提供する移動サービスの実証実験を行ってきた。

今年度は、国土交通省「令和3年度日本版MaaS推進・支援事業」に採択され、更なる機能の社会実装を、そして「誰もが移動をあきらめない世界」を目指して実証実験を行う予定であるとのことだ。

Universal MaaSのパートナー各社は、移動躊躇層が抱えている課題に対し、利用者と自治体・地域・事業者の視点による解決を目指すとともに、全てのユーザーに便利でシームレスな移動体験を提供すべく、今後もサービス向上に努めていくとしている。

■「バリアフリー地図/ナビ」について

1.サービス開始日:2021年9月15日
2.検索対象経路・対象エリア:東京都・神奈川県の徒歩区間 (2021年9月15日現在、今後拡大予定)
3.利用方法:
ANA空港アクセスナビの利用方法blankに沿って、空港アクセスナビの条件入力画面に遷移後、以下手順にて利用できる。
①条件入力画面における、検索オプションで「バリアフリー情報」を選択し設定。
②検索結果画面における、徒歩シーンに表示された「地図/ナビ」を選択し利用規約に同意。
③「地図/ナビ」画面における、「使い方」を参照し利用。

No image

■各社のこれまでのMaaS・Universal MaaSの取り組み

<ANA>

飛行機を利用される全てのユーザーへ、幅広く交通機関と連携したユニバーサル&シームレスな移動を提供し、価値の高いサービスも付加しながら、安全に、楽しく移動できる社会の実現に貢献することを目的に、「ANA空港アクセスナビ」や「Universal MaaS」などの企画・開発・推進に取り組んでいる。

<WheeLog>

「車いすでもあきらめない世界」の実現を目指し、みんなでつくるバリアフリーマップ「WheeLog!」のサービスを提供。

車いすで実際に訪問した場所や通った道のバリアフリー情報をユーザー自身がスマホアプリに投稿し、障害者や高齢者、ベビーカー利用者などの移動に困難を抱える方向けにバリアフリー情報を発信している。

<ゼンリングループ>

すべての人々の快適な移動を実現するシームレスな移動社会を目指し、バリアフリーナビゲーション機能開発を推進すると共に、新しい地図データベース「Mobility based Network(モビリティ ベースド ネットワーク)」における駅や空港等の交通結節点のデータ拡充を行い、更なるバリアフリーサービスへの貢献を目指すとのことだ。

The postANA・ゼンリンら、ANA空港アクセスナビの徒歩区間に「バリアフリー地図/ナビ」機能を追加 車いすユーザーの移動履歴を地図上で可視化first appeared onAMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア.

AMP News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加