【根岸S】デンコウリジエールが父子制覇を目指して重賞初挑戦 父メイショウボーラーは05年覇者だ

【根岸S】デンコウリジエールが父子制覇を目指して重賞初挑戦 父メイショウボーラーは05年覇者だ

  • netkeiba.com
  • 更新日:2023/01/25
No image

19年7月の2歳未勝利を制した時は10番人気だったデンコウリジエール(ユーザー提供:ワラビさん)

父に続け! 昨年末のギャラクシーSを制したデンコウリジエール(牡6、栗東・荒川義之厩舎)が、根岸S(4歳上、GIII、東京ダ1400m)で重賞初挑戦。05年の覇者である父メイショウボーラーとの父子Vを狙う。

過去26戦で1番人気に推されたことは一度もなし。デビューから4連勝でスターダムに駆け上がった父とは対照的に、地道に力を付けてきた。2歳7月のデビュー2戦目で初勝利を挙げたが、そこから5連敗。2勝目は3歳の10月だった。連勝が一度もないように、何度もクラスの壁に当たったが、そのたびに乗り越えて4歳5月にオープン入り。一昨年のオータムリーフSを7番人気、昨年12月の前走ギャラクシーSを5番人気で制するなど、「万馬券メーカー」として存在感を発揮している。

今回が初の重賞チャレンジ。さすがに印は薄いが、前走では今回人気のバトルクライを下しているだけに、不当な人気落ちかも。さぁ、再び高配当の使者となるか。父子制覇を果たし、やはり父が制したフェブラリーSへと駒を進めたい。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加