半藤一利さん死去「歴史に功績」 加藤官房長官が弔意

  • 産経ニュース
  • 更新日:2021/01/13

加藤勝信官房長官は13日午前の記者会見で、12日に死去した作家の半藤一利さんを悼んだ。「大変、残念だ。昭和の歴史を検証し、一般の人々に分かりやすい形で後世に伝えていくことに尽力し、自らも歴史に残る功績を残した。心からのご冥福をお祈りしたい」と述べ、弔意を示した。

半藤さんの代表作「日本のいちばん長い日」を映画で見たとのエピソードを紹介しながら、「綿密な取材に基づき、昭和史や戦争などをテーマに数多くのノンフィクションを発表した」と惜しんだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加