大谷翔平、右肘に死球も2盗塁マーク 3打数無安打でエンゼルス零封負け

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/05/03

マリナーズ2-0エンゼルス(2日、シアトル)米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手(26)は「2番・DH」で先発出場し、3打数無安打1死球だった。打率は・263。一回に二盗と三盗をし、今季の盗塁数を6に伸ばした。チームは零封負けを喫し、勝率5割に戻った。

敵地Tモバイル・パークに、大谷の声が響いた。「アッー!」。マリナーズの先発左腕シェフィールドの93マイル(150キロ)の速球が右肘に装着したプロテクターを直撃した。打席でうずくまり、険しい表情。トレーナーらが駆けつけてその後、右腕の状態を確認。大谷は立ち上がり一塁へ向かった。

3日(日本時間4日)のレイズ戦では先発予定だけに、塁上では右肘の動きを繰り返して確認する大谷。それでも、次打者トラウトの打席では二盗、4番・レンドンの打席では今季6盗塁目となる三盗をした。

三回の第2打席はニ失で出塁。五回は遊飛、七回は二ゴロに倒れた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加