梶裕貴、「おカネの切れ目が恋のはじまり」出演で話題! 役どころ&実写ドラマ出演経歴をチェック

梶裕貴、「おカネの切れ目が恋のはじまり」出演で話題! 役どころ&実写ドラマ出演経歴をチェック

  • アニメ!アニメ!
  • 更新日:2020/09/15
No image

梶裕貴

もっと画像を見る
本日9月15日22時より、松岡茉優&三浦春馬が出演するTBSドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』が放送開始。正反対の価値観を持つ2人の“じれキュン”ラブコメディである本作の第1話に、声優・梶裕貴がゲスト出演!
放送を前に自身のTwitterにて「サラッと登場。でも、濃いです」と期待高まるコメントを寄せており、アニメ・声優ファンからも注目を集めている。

そこで今回、本ドラマでの梶の役どころや、過去の実写ドラマ出演の経歴を振り返りたい。

『おカネの切れ目が恋のはじまり』第1話にゲスト出演

本作では、松岡茉優演じる清貧女・九鬼玲子と、三浦春馬演じるお金にルーズな浪費男子・猿渡慶太という金銭感覚が両極端な「清貧女子」と「浪費男子」が出会い、ひょんなことから鎌倉にある玲子の実家に慶太が住み込むことになり……。おカネ修行を通してひと夏の恋物語が繰り広げられる。

梶が演じるのは、玲子や慶太ら主要キャラクターが働く会社「モンキーパス」に、企画を新規提案するベンチャー企業の社長・山鹿眞一郎役。
放送に向けて、自身のTwitterにて「僕演じる山鹿は、今回ワンシーン。サラッと登場。でも、濃いです。『なんだコイツ!?』と思ってください笑 とにかく!まずは、第一話をお楽しみに」とファンへメッセージ。

梶が演じる濃い役柄が、物語にどんなアクセントを加えるのか、楽しみだ。

■梶裕貴、実写ドラマ出演の経歴

梶裕貴といえば、『進撃の巨人』主人公エレン・イェーガー役をはじめ、『マギ』アリババ・サルージャ役、『七つの大罪』メリオダス役と数多のアニメ作品でメインキャラクターを演じる人気声優。

2020年後半も『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』ヒュンケル役や『体操ザムライ』南野鉄男役など出演作が後をたたない。

そんな声優としての活躍はもちろんだが、最近はドラマにも出演し主演を務めるほど。

東京03×山下健二郎(三代目 J SOUL BROTHERS)×山本舞香の異色の組合せで贈るコメディー・ドラマの第2弾『遊戯みたいにいかない。』では、山下演じる荒巻弘彦の劇団時代の元役者仲間・裏沢直人役を熱演。

そしてWOWOWオリジナルドラマ『ぴぷる~AIと結婚生活はじめました~』では、人型AIと結婚することを選んだサラリーマンの鏑木健一役を好演。

No image

“イキリオタク”気質で生身の人間とのコミュニケーションが得意ではない、パッとしないアラサー男子という役どころで、梶にとっては実写連続ドラマでの初主演となった。

朗読劇やアニメ声優、ナレーションやバラエティ出演とも違う、“俳優”としての梶の魅力にも、引き続き注目したい。

MINAMI

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加