64歳無職男、警察署に理由なく居座り続けて逮捕 動機は「言わない」

64歳無職男、警察署に理由なく居座り続けて逮捕 動機は「言わない」

  • リアルライブ
  • 更新日:2023/01/25
No image

画像はイメージです

兵庫県伊丹市の警察署に正当な理由なく居座り続けたとして、同県尼崎市に住む64歳無職の男が逮捕された。

男は23日、伊丹市の伊丹警察署を訪れ、過去に自分が署から受けた対応について説明を求める。30分説明を受け、帰宅しようとしたが、突如待合用のベンチに腰掛けた。その後、男は署員から帰宅するよう促される、留まる理由を質問されるなどしたが、一切動く様子を見せなかったとのこと。このため、署員は逮捕される可能性があることを繰り返し警告した。

>>46歳男、ガラス張りの飲食店に向け下半身を露出し逮捕 宮城から新潟を訪れ犯行<<​​​

それでも男は退去する様子を見せなかったことから、警察は建造物不退去の疑いで現行犯逮捕した。取り調べに対して、男は退去しなかった理由などについては「言わない」と黙秘している。一体、何があったのだろうか。

謎の多い事件に、ネット上では「暇なんでしょう。警察にも過去の件でくだらないクレームを入れていたみたいだし、しかも居座るという。どうしようもないよね」「こんな人間にも丁重に対応しないといけない警察が不憫でならない」「警察署内の様子を窺いに来たとか、特定の警察官を待ち伏せして復讐しようとしていたのかもしれない。決して軽い事件ではない」「この男はどうやって生きていたのだろう。不思議で仕方ない」という声が上がる。

また、「無職だし、警察署の飯を食いたかったとかそういう理由なのでは。こんなやつでも、飯を食わせないといけないんだろ?」「寒いし、暖かい警察署にいたかったのでは。そもそも来訪した理由もおかしすぎる」という指摘も出ていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加