「インビジブル」インビジブルは別にいた......キリコの目的は一体?

「インビジブル」インビジブルは別にいた......キリコの目的は一体?

  • cinemas PLUS
  • 更新日:2022/05/14
No image

>>>【関連記事】『燃えよ剣』レビュー:激動の現代に贈る原田眞人監督のエンタメ時代劇傑作!

「インビジブル」第5話レビュー

キリコ(柴咲コウ)が姿を消した。キリコだけではない。3年前の通り魔事件の犯人とされる武入(鈴之助)も護送中に連れ去られてしまう。そして、武入連れ去りを仕組んでいたのはキリコだった。

護送中の犯人を奪われるのは警察の大失態(と言うか、インビジブル内では警察が失態続きで心配になる)。
警察内部ではキリコの逮捕を示唆するが、一方で志村(高橋一生)は、武入は真犯人ではない、と言い切り……。
志村はハッカーのローズ(DAIGO)に頼み……いや半ば脅して、キリコの行方を追う。
武入が犯人ではないとしたら誰なのか。果たして本当にインビジブルが安野(平埜生成)の殺害を指示したのか。キリコの支援のもと事件を解決してきたけれど、ただキリコの手のひらの上で踊らされていただけなのか?
でも、志村は半信半疑ではあるけれど、どこかでキリコを信じている部分があるようにも見える。
キリコの居場所を突き止めた志村は真実を問いただす。

キリコが探し出したいのは「キリシマ」という人物。武入も会いたがっている人物だ。「キリシマ」の正体とは、というところで、今度は武入が再び連れ去られる。犯罪者だし、同情すべきところはないんだけれど、こう何度も連れ去られるのは若干不憫である。
キリコと志村は再び手を組んで、武入の行方を追うことに。そんな2人の前に包帯で顔を覆った人物から映像メッセージが届く。
キリコが持っているクリミナルズのリストが入ったデータチップを持ってくれば武入を解放するという。

危険を冒しつつも、データチップと交換で武入を奪取した志村たち。しかし、直後に武入は何者かによって殺されてしまう。驚く志村たちの前に現れたのはひとりの男(永山絢斗)。「キリヒト……」と男に向かって呼びかけるキリコ。
明らかになったのは、「キリヒト」はキリコの弟だということ、そして、本物のインビジブルであるということ。
と、なると、なぜキリコがインビジブルを名乗ったのか、なぜ志村名指しで警察内部に入り込んだのか。キリヒトに対して何がしたいのか。

確かに、キリコにはこれまで登場したクリミナルズと違い、狂気がないように見えた。理性を取り繕っている嘘っぽさがなかった。
少しずつ謎が明らかになっているように見えて、今のところはまだ何も分からない状態だ。物語は中盤に差し掛かったばかり。ここから、インビジブルの本当の目的が明らかになっていくのだろうか。

(文:ふくだりょうこ)

>>>【関連記事】<妻、小学生になる。>最終回までの全話の解説

>>>【関連記事】「天国と地獄 ~サイコな2人~」最終回までのあらすじ&感想

>>>【関連記事】『燃えよ剣』レビュー:激動の現代に贈る原田眞人監督のエンタメ時代劇傑作!

「インビジブル」第5話ストーリー

>>「インビジブル」第5話の予告をYouTubeで見る

3年前の事件にキリコ(柴咲コウ)は本当に関与しているのか・・・。

腑に落ちない志村(高橋一生)は、「インビジブルに頼まれた」と証言した武入(鈴之助)に再び会い、ある確信を得る。

しかし、その武入が検察への護送中に何者かに連れ去られてしまう。

一方、犬飼(原田泰造)は上層部からインビジブルを切るよう指示されていた。ところが、当のキリコは民宿から行方をくらましていた。
やはりキリコと武入はつながっているのか。二人の緊急配備が敷かれる。

志村は、鑑識の近松(谷恭輔)の協力で、ハッカーのラビアンローズ(DAIGO)から、重罪犯を逃がして多額の報酬を得る「逃がし屋」の存在を聞き、武入を連れ去った「逃がし屋」に接近。

そして、また新たに闇に隠れたインビジブルの影がみえてきて・・・。

「インビジブル」作品情報

刑事×犯罪コーディネーター
異色のバディが誕生する!
前代未聞の犯罪エンターテインメント!

出演
高橋一生/柴咲コウ/有岡大貴(Hey!Say!JUMP)/堀田茜/谷恭輔/大野いと/平埜生成/板垣李光人/西村元貴/結城モエ/田中真琴/村井良大/酒向芳/原田泰造/桐谷健太

脚本
いずみ吉紘

主題歌
「Tiny World」Dragon Ash(Victor/MOB SQUAD)

音楽
得田真裕

プロデューサー
佐藤敦司
浅野敦也

編成
東仲恵吾
佐藤美紀

演出
竹村謙太郎
棚澤孝義
泉 正英

製作
TBSスパークル
TBS

ふくだりょうこ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加