柴崎岳が考えるコスタリカ戦「ドイツ戦とは毛色の違った試合になる」

柴崎岳が考えるコスタリカ戦「ドイツ戦とは毛色の違った試合になる」

  • ゲキサカ
  • 更新日:2022/11/25

前回ロシアW杯で全試合に先発出場したMF柴崎岳(レガネス)は、日本代表が歴史的逆転劇を演じたカタールW杯初戦のドイツ戦をベンチから見つめた。

一夜明けた24日、柴崎は報道陣の取材に対応。27日のコスタリカ戦に向けて「森保監督もキャプテンも言っていたけど、この勝利を役立てないといけない。次のコスタリカ戦が非常に重要になってくる。勝利を無駄にしないためにもいい流れをチームで継続して、次の試合に向かっていけたら」と意気込みを示した。

ベスト8を目標に掲げる日本にとって、起用法も問われるグループリーグ。大会前のプランでは、次のコスタリカ戦でターンオーバーを行う可能性が示唆されていた中、ドイツ戦で出番のなかった柴崎に出場機会が回ってくる可能性もありそうだ。

ようやく訪れそうな出番を見据え、柴崎はすでにイメージをふくらませていた。「コスタリカはスペインにあんな結果になってどんなモチベーションで来るかわからない。ただドイツとは毛色の違った試合になることは間違いない」。世界的強豪のドイツ、スペインとは異なり、日本がボールを握る展開も想像できる相手。相手の出方に応じたゲームメークが必要になる。

「親善試合ではコスタリカとやったことがあって、ある程度のイメージは持っているけど、W杯の舞台は全然違う。公式戦でいろんな緊張感があって、思惑が両チームにあったりする中、ゲームコントロールはドイツの時よりしなきゃいけない部分かなと思う」。自らが舵取りを行っていく構えも見せた。

選手登録枠が26人に広がり、難しいマネジメントを迫られる今大会。だが、2度目のW杯を迎えた柴崎の目には、現在のチームはポジティブに映っているようだ。

「若い選手が多いので、あまり気難しい選手がいないというか、みんな一生懸命にやってくれる。これで試合に出られないからといって何かちょっとネガティブなことを考えたり、行動するような選手はまれに現れるけど、そもそもいまはそういうこともない。練習に身が入っているし、安心感がある良いチームだと思う」。ターンオーバー敢行の場合、問われるのはサブ組の層の厚さ。柴崎はその先頭に立って存在価値を見せていく構えだ。

(取材・文 竹内達也)
▶「FIFAワールドカップ」ABEMAで全64試合を無料生中継!ハイライト無料配信!
★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2022W杯カタール大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2022W杯カタール大会日程&TV放送

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加