【K-1】元極真世界王者・与座優貴、元ラジャ王者に「ムエタイを無視する、対策せず圧倒的に倒す」=12.3大阪

【K-1】元極真世界王者・与座優貴、元ラジャ王者に「ムエタイを無視する、対策せず圧倒的に倒す」=12.3大阪

  • イーファイト
  • 更新日:2022/11/25
No image

元ムエタイ王者エークピカート(左)と極真世界王者・与座(右)が激突

12月3日(土)エディオンアリーナ大阪で開催される『K-1 WORLD GP 2022 JAPAN』には、今年2月の一戦でで現K-1ライト級王者の朝久泰央にも勝利した、与座優貴(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)が参戦。元ラジャダムナンスタジアム・スーパー・ライト級王者のエークピカート・モー.クルンテープトンブリー(タイ)と、ライト級戦(3分3R延長1R)で対決する。

【動画】与座の衝撃KOの瞬間!

【見どころ】

No image

強烈な上段前蹴りを放つ与座

与座は2017年の極真会館・世界ウエイト制(軽量級)王者。19年にキックボクシングに転向し、KNOCK OUT等で活躍すると昨年12月にK-1グループ参戦、衝撃的なハイキックKOでデビューを飾った。
今年2月にはいきなり現K-1ライト級王者・朝久泰央に打ち勝ち判定勝利、さらに8月、元Krushスーパー・ライト級王者・篠原悠人に2RKO勝利し強さを見せつけている。

対するエークピカートはパンチとヒジを中心とした好戦的なスタイルのファイター。2013年3月に来日すると、ラジャダムナンスタジアム・スーパーライト級王者の石井宏樹に挑み、ヒジ打ちで石井を沈め王者となった。

与座は対ムエタイ初対決。固いガードから圧力をかけ、強烈なパンチ、ローを武器とする空手スタイルの与座は元ラジャ王者を攻略出来るか。

【選手データ】

与座優貴(24=K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)身長 170cm 出身 茨城県
構え:右 戦績:12勝(6KO) 2敗 0分 極真会館2017年第6回世界ウエイト制 軽量級 優勝/極真会館2016年第33回全日本ウエイト制 軽量級 優勝

No image

強烈な左ヒジ打ちで当時のラジャ王者・石井宏樹をマットに沈めたエークピカート(左)

エークピカート・モー.クルンテープトンブリー(31=タイ)身長 160cm 出身 タイ
構え:右 戦績:186勝(43KO) 41敗 6分 元ラジャダムナンスタジアム・スーパー・ライト級王者

【この一戦に向けた意気込み】

与座優貴(11月23日主催者提供)

(現在の練習について)
タイ人ということを意識して対策すること自体がダメだと思うので、今回は相手を無視する。ムエタイを無視することが対策。もしかしたらタイ人選手とスパーリングぐらいはするかもしれないけど、何も対策しないでぶっつけ本番でタイ人とやるのも面白い。

(前回の篠原戦「与座キック」(※足への三日月蹴り)が話題になったが)また新しい技も用意している。おそらく今までのK-1やキックボクシングの試合で見たことがない技。むちゃくちゃ効くが、むちゃくちゃ地味。

No image

ヒジ打ちで失神KO勝利したエークピカート=13年

(試合への意気込み)
(王者・朝久のケガが治らず)チャンスがまだ巡ってこなければ、今回のように世界の強豪と戦って強くなっていく。
この試合は世界との戦いに向けた第一歩。世界トップレベル“だった”相手は圧倒的に倒す。

エークピカート・モー.クルンテープトンブリー(10月14日主催者提供)

(試合への意気込み)
与座選手は空手のチャンピオンだが、私もムエタイのチャンピオン。レベルの高い試合を見せる。

▶次のページ:【動画】与座の衝撃KOの瞬間!

与座の衝撃KOの瞬間!

与座優貴( @yu_osu )、衝撃KO!⚡ @ABEMA で視聴中 https://t.co/jTuH0RwLEL #k1wgp #K1NEXT pic.twitter.com/avZRPvmLXC
— K-1【公式アカウント】 (@k1wgp_pr)
August 11, 2022
from Twitter

◀元極真世界王者・与座優貴、元ラジャ王者に「ムエタイを無視する、対策せず圧倒的に倒す」の記事へ戻る

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加