太平洋沿岸に「津波注意報発表」北海道でも"津波"観測...浜中町90センチ 浦河町・十勝港60センチ

太平洋沿岸に「津波注意報発表」北海道でも"津波"観測...浜中町90センチ 浦河町・十勝港60センチ

  • ホッカイドウニュース
  • 更新日:2022/01/16
No image

札幌管区気象台の会見(2022年1月16日午前1時すぎ)

札幌管区気象台は1月15日に太平洋沿岸に発表された津波注意報について会見し、避難を呼びかけました。

津波注意報は、1月15日午後1時10分にトンガで起きた大噴火にともなうものと考えられていて、午前0時15分に発表され、北海道各地でも潮位変化が観測されています。

同気象台は16日午前1時からの会見で、海の中や海岸付近にいる人は避難してほしいと呼びかけています。

各地で観測された津波の高さと時間は以下の通りです。

浜中町霧多布 90センチ 1:05

浦河町    60センチ 0:44

根室市花咲  50センチ 23:29(15日)

十勝港    60センチ 0:22

函館市    30センチ 1:05

苫小牧西港  30センチ 0:38

これらの場所では、16日午前3~4時に満潮を迎え、さらに1メートル潮位があがる可能性があることから注意を呼びかけています。

状況によって3メートルを超えるようなら「津波警報」に切り替えることもありえるとしています。

同気象台によりますと、北海道で過去に噴火に伴い津波が観測されたことはあるものの、今回の津波が噴火に伴うものだと確認されれば、気象庁が津波警報・注意報を発表したのは初めてだということです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加