神田うの 国際バイオリンコンクール優勝の10歳・愛娘は芸人志望?「アンクルしんちゃんが大好きなので」

神田うの 国際バイオリンコンクール優勝の10歳・愛娘は芸人志望?「アンクルしんちゃんが大好きなので」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/09/23

タレントの神田うの(47)が23日、フジテレビ「ポップUP!」(月~金曜前11・45)にVTR出演。10歳の長女の将来についての思いを語った。

No image

タレントの神田うの

この日は弟で、お笑いコンビ「ハマカーン」の神田伸一郎がゲスト出演。うのの長女は先月、米ニューヨークで行われたバイオリンの国際コンクールで2冠を獲得したほど、将来有望なバイオリニストでありながら、「芸人になりたい」と話しているという情報が寄せられ、VTRでコメントを寄せた。

「彼女、いろいろなものになりたいみたいで、バイオリニストとは答えなかったんです」と、うの。「芸術的なものだけなのかなと思いきや、“芸人さんになりたーい!”って(言っている)。“アンクルしんちゃん”が芸人だってことがある。“アンクルしんちゃん”のことが大好きなので…。本人が好きなものになれば、いいんじゃないですか?って思っているので」と愛娘の将来についてコメント。「でも、うちの母は“芸人さんは頭の回転が速くて、面白いことをトントン言っていかないといけないから、すごく難しいよ”って、言っていたりしています」と話した。

そんな姉のコメントに、伸一郎は「まず、“アンクルしんちゃん”って…」と苦笑い。「(姪は)インターナショナルスクールに入れてるんですよ。その姪っ子がね、“アンクルしんちゃん”っていうのはわかるけど、なぜか姉のほうがそれに引っ張られて、“アンクルしんちゃん”って呼ばれてます」と笑った。

それでも、姪が「芸人になりたい」と直接行ってきた場合は「どれだけクズ芸人が多いかを伝えます。そうすれば、きっと諦めてくれる」と伸一郎。実際に言われたら「ダメダメダメ、お笑いなんて、ほんとに…」と強行に反対するとし、「才能ある人しかやっちゃダメだから。ちゃんとバイオリニストになってください、お願いします」と呼びかけた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加