安藤友香 五輪代表最後の1枠手に「自分に勝てた」

安藤友香 五輪代表最後の1枠手に「自分に勝てた」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/05/06
No image

2位でゴールし東京五輪の参加標準記録を突破して代表に決まり、感極まった表情を見せる安藤友香

「陸上・日本選手権」(3日、静岡スタジアム)

東京五輪選考会を兼ねた女子1万メートルは広中璃梨佳(20)=日本郵政グループ=が31分11秒75で初優勝し、31分18秒18で2位に入った安藤友香(27)=ワコール=とともに代表に内定した。既に内定している新谷仁美(33)=積水化学=を含め3人が出そろった。1万メートル代表は今大会終了時点で男子は27分28秒00、女子は31分25秒00の参加標準記録を満たし、3位以内に入った上位から内定することになっていた。

序盤から広中と引っ張り合いながらレースを作った安藤が、女子1万メートル最後の1枠を手にした。残り1000メートルでは参加標準記録はギリギリの状況だったが「絶対に広中さんの背中からは離れないと思って走った。いつもなら弱い自分に負けていた。自分に勝てたのかな」と頬を緩めた。

17年にはマラソンの世界選手権代表にも選ばれた。所属の移籍など紆余(うよ)曲折を経て、手にした五輪切符。「本当に色んな人に支えられた。感謝の気持ちでいっぱいです」と、感無量の様子だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加