「幻」の宮前メロンが開花 井上農園のハウスで〈川崎市宮前区〉

「幻」の宮前メロンが開花 井上農園のハウスで〈川崎市宮前区〉

  • タウンニュース
  • 更新日:2022/05/13

「幻のメロン」とも呼ばれる宮前メロンの花が、5月9日に井上農園(事務所・南野川)で咲いた。

育てているのは同園の2代目の井上國夫さん(68)。ガラス温室を設置した1977(昭和52)年に、トマトの裏作としてメロン栽培を始め、10年後の87年に出荷時期を秋から7月に移行して人気となった。「お中元としてのニーズが大きかったみたい」。昨年は5日間で完売したという。現在は3つあるハウス(計380坪)で2000本の苗を育てる。

宮前メロンは区内で栽培されるマスクメロンで、網目の美しさや上品な香り、甘味が特長。井上農園では2月下旬から1週間ごとに3回種をまき、今回花を咲かせたのは3回目に植えられた苗だ。メロンの糖度を上げるには手間暇をかけるしかなく、【1】温度【2】湿度【3】水―の3つの管理が大事だという。

最盛期には7軒の農家が年間1万6000個を出荷していたが、高齢化や後継者不足で減少。現在は2軒のみが生産を続ける。これが直売のみで市場にほとんど出回らないため「幻」と言われる理由だ。井上さんは「持田園芸さんは増産に着手し店頭販売も始めたが、うちは夫婦二人なのでこれ以上増やせない。喜んでくれるお客様のためにできるだけ続けていきたい」と話した。

No image

宮前メロンの花を手にする井上さん

タウンニュース宮前区版

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加