京都の南座で「まねき上げ」 吉例顔見世興行は来月4日開幕

京都の南座で「まねき上げ」 吉例顔見世興行は来月4日開幕

  • 朝日新聞デジタル
  • 更新日:2022/11/25
No image

"歌舞伎役者の名前が書かれた看板が、南座に掲げられた=2022年11月25日午前、京都市東山区、筋野健太撮影"

京都の師走の風物詩「吉例顔見世(きちれいかおみせ)興行」の開幕を控え、南座(京都市東山区)で25日、劇場前に歌舞伎の出演者名を掲げる「まねき上げ」があった。竹の囲いに据え付けられた「まねき看板」は計54枚。1枚ずつに役者の紋と、縁起を担いだ「勘亭流」の書体で名前が記されている。

第56回女流陶芸展が開催 急逝した坪井明日香代表の意思受け継ぐ

作業は24日夜に始まった。一夜明けた午前9時過ぎ、片岡仁左衛門さんの看板が最後に持ち上げられて上段右端に並び、南座の華やかな装飾が完成した。顔見世興行は12月4日から25日まで。3部制で片岡さんや中村獅童さんが出演する。(西田健作)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加