阪神 5試合ぶり勝利で5割復帰!大山決勝打 馬場プロ初勝利

阪神 5試合ぶり勝利で5割復帰!大山決勝打 馬場プロ初勝利

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/08/03

◇セ・リーグ 阪神3―1DeNA(2020年8月2日 甲子園)

No image

<神・D>6回1死一、三塁、大山の逆転適時打に指さす矢野監督(中央)(撮影・平嶋 理子)

阪神がDeNAに3―1で勝ち、5試合ぶりの白星をつかんだ。

打線は5回まで平良に無得点に抑えられていたが、6回1死二、三塁から4番・大山が右前2点打を放って逆転に成功。8回に梅野の内野ゴロで1点を追加した。

投げては先発・岩貞が5回1失点で試合をつくり、馬場、ガンケル、藤川、スアレスが無失点リレーで守り抜いた。6回に3四球を与えながら無失点で切り抜けた馬場が、プロ3年目で初勝利をゲット。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加