阪神・アルカンタラ、2勝も負傷降板

阪神・アルカンタラ、2勝も負傷降板

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/06/11
No image

7回、日本ハム・近藤の打球があたった阪神・アルカンタラ=札幌ドーム(撮影・水島啓輔)

(セ・パ交流戦、日本ハム2-4阪神、3回戦、阪神3勝、9日、札幌D)好投のアルカンタラをアクシデントが襲った。2-0の七回先頭で近藤の打球が左足を直撃。マウンド上で座り込むと、そのまま負傷降板し心配されたが、試合後は「足の筋肉に当たっただけなので、そんなに問題はないと思うよ」と軽傷を強調した。「試合を重ねるごとにいい感覚で投げられている」。6回0/3を3安打無失点に抑え、3試合ぶりの2勝目。矢野監督も「丁寧に投げながら球のキレも今までで一番あった。(負傷は)次の登板に響くことはないとは思っている」と説明した。

試合結果へプロ野球日程へ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加