岡山大学に新施設 産学連携の拠点 300人収容の講義室も【岡山・岡山市】

  • OHK岡山放送
  • 更新日:2021/06/11

岡山大学は、岡山市北区の津島キャンパス内に、産学連携の拠点施設を新たに建設すると発表しました。

新しい施設、「共育共創コモンズ」は、CLTを活用した木造2階建てで、延べ床面積810平方メートル。

1階が企業などとの共同研究室、2階が300人収容の講義室になります。

施設の建物は、岡山大学特別招聘教授で、建築家の隈研吾さんが監修し、2022年11月の完成予定です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加