ソフトB、初回3点先制 4番栗原&5番中村晃が連続適時二塁打

ソフトB、初回3点先制 4番栗原&5番中村晃が連続適時二塁打

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/05/04

◇パ・リーグ ソフトバンク―楽天(2021年5月3日 ペイペイドーム)

No image

<ソ・楽6>初回1死二塁、右翼線適時二塁打を放つ中村晃(撮影・岡田 丈靖)

ソフトバンク打線が2連続適時二塁打などで、初回に3点を先制した。楽天先発・滝中から1番周東が中前打で出塁後に二盗成功。1死二塁での敵失で先制すると同二塁で4番栗原、5番中村晃が連続で右適時二塁打を放ち、2点を加えた。

「バットの先だったがいいところに落ちてくれました。今季初先発の二保さんの援護ができて良かった」と栗原。中村晃も「カーブをうまく拾うことができた。チャンスで追加点となる1本を打つことができて良かった」と中村晃も球団を通じてコメントを出した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加