ロッテ―楽天で珍事! ファンが角中の捕球を妨害 リプレー検証で妨害認め判定覆る

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/05/02

◇パ・リーグ ロッテー楽天(2021年5月1日 楽天生命パーク)

観客の妨害が認められてリプレー検証の結果、判定が覆るプレーがあった。

4回1死一塁で、楽天の打者・小深田の飛球が三塁側のフェンス沿いに上がった。ロッテの左翼手・角中が追い、捕球体勢に入っていたが、最前列のファンが身を乗り出す形に。ファンが邪魔となる格好で、角中は捕球できなかった。

リプレー検証を行った審判団は「観衆の妨害がなければ捕球できていたと判断し、打者をアウトとします」と説明。小深田は記録上は左邪飛となり、2死二塁で次打者・鈴木大の打席となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加