中日ドラゴンズの組閣に韓国も注目「サムスン2軍監督が実家に戻る」

中日ドラゴンズの組閣に韓国も注目「サムスン2軍監督が実家に戻る」

  • スポーツソウル日本版
  • 更新日:2021/10/14

韓国プロ野球サムスン・ライオンズの落合英二2軍監督の古巣復帰に韓国も注目している。

韓国メディア『OSEN』は10月14日、「落合サムスン・フューチャーズ(2軍)監督、実家の中日に戻る」と報道した。

中日ドラゴンズは来季から、球団OBの立浪和義の監督就任が有力視されており、落合氏は新体制の一員として入閣する予定とされている。

落合氏は現在、サムスンの2軍監督として働いているが、すでにコーチとして古巣復帰を打診されており、受け入れの意思を固めたとも報道されている。

【話題】 日本は6人もいるのに…韓国で160キロ投手が出ないワケ

No image

(写真提供=OSEN)落合英二サムスン・ライオンズ2軍監督

1991年にドラフト1位で中日ドラゴンズに入団したで落合氏は、2006年に引退後、サムスンと千葉ロッテマリーンズで指導者としての経験を積んできた。

特にサムスンとの縁は深く、2010年から3年間にわたってサムスンの1軍投手コーチを務めた際には、サムスン投手陣の防御率を大幅に改善するなど手腕を評価され、サムスン王朝を築き上げる一助となった。

その後、千葉ロッテマリーンズへ移籍するも、2018年に復帰し、1軍投手コーチを経て、2020年から2軍監督に就任していた。

スポーツソウル日本版

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加