母校を訪問したメーガン妃、卒業したばかりの学生たちと対談! 「自分が年を重ねたことを実感する」 メーガン妃がジェネレーションギャップを実感したある「言葉」とは・・?

母校を訪問したメーガン妃、卒業したばかりの学生たちと対談! 「自分が年を重ねたことを実感する」 メーガン妃がジェネレーションギャップを実感したある「言葉」とは・・?

  • TVグルーヴ・ドット・コム
  • 更新日:2022/11/25
No image

メーガン妃

メーガン妃が母校を訪問し話題となっている。

メーガン妃が司会をつとめるポッドキャスト番組「Archetypes」。この最新エピソードにて彼女は、高校生活を過ごしたロサンゼルスのイマキュレート・ハート高校をおとずれた。

この日は、ドラマ化もされた小説「Sex and the City」の著者キャンディス・ブシュネルと活動家のミカエル・ジェ・ロドリゲス、セファリ・ツァバリ博士、そして詩人のアマンダ・ゴーマンがゲストとして参加してる。

番組内で現地をおとずれたメーガン妃は、「あら、おかしい、私のロッカーがそこにある」と口にすると、「私は真ん中あたりだったと思うんだけど。これは高校生のときのロッカーで、中学生のロッカーはそのうえにあったから、きちんと覚えていないんだわ」と振り返った。

その後メーガン妃は、最近卒業した3人の学生たちと女性への「レッテル貼り」について議論。「Bitch(イヤな女)」や「bossy(いばりたがる女)」「bimbo(容姿はうつくしいが知識がないとやゆされる女)」といった単語が話題にのぼった。なお「bimbo」という単語について、現代の卒業生たちはTikTokでしか聞いたことがないとのことで、メーガン妃はおどろきを隠せない様子だった。

「自分が年を重ねたことを実感するわ」とジェネレーションギャップについて語ったメーガン妃は、「この『bimbo』という単語や、『ブロンド髪はおバカ』という考え方は、わたしがいつも見て育ってきたものなのに、ここにきてみると…彼女たちにとってはそういうものではないのね」と付け加えた。

なお、今回のエピソードでは、キャンディス・ブシュネルとともに「女性と性」についても議論している。

山崎

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加