台風14号で献血不足 献血ルームを臨時開所して協力を呼びかけ【熊本】

台風14号で献血不足 献血ルームを臨時開所して協力を呼びかけ【熊本】

  • TKUテレビ熊本
  • 更新日:2022/09/23
No image

テレビ熊本

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

九州を直撃した台風14号の影響で、熊本県内では献血をする人が不足し、熊本県赤十字血液センターが協力を呼びかけています。

同センターによりますと、県内では9月18日から19日にかけて献血バスの派遣を中止し、県内の献血ルームも閉所しました。

このため、9月21日までに400ミリリットル献血が約500人分不足しているということです。

状況を改善しようと、熊本市東区の日赤プラザ献血ルームは23日に臨時開所し、25日までは受付時間を延長します。

【献血に訪れた人】

「メールで案内が来た。献血者数が少ないと。役に立てることがあれば・・・このくらいしかできないが」

【熊本県赤十字血液センター献血推進課 仁田尾 正高さん】

「台風で急激な献血者の減少となっている。一人でも多く献血に協力いただければ大変助かる」

25日は、嘉島町のイオンモール熊本と菊陽町の運転免許センターに献血バスが派遣される予定です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加