早乙女太一、“鞘のみ”で戦う異例の殺陣ドラマで主演「舞台と映像は全くの別物」

早乙女太一、“鞘のみ”で戦う異例の殺陣ドラマで主演「舞台と映像は全くの別物」

  • WEBザテレビジョン
  • 更新日:2022/01/15
No image

早乙女太一 / 撮影=阿部岳人

【写真】鋭いまなざし!早乙女太一演じる“鞘のみ”で戦う主人公

10代で大衆演劇のスターとして脚光を浴び、以降、華麗なるアクションとドラマを感じる佇まいで舞台からドラマ、映画と幅広く活躍する早乙女太一。そんな早乙女がドラマ初主演を務める「封刃師(ふうじんし)」が、1月15日(土)よりテレビ朝日ほかにて順次スタートする。本作は、「劇団☆新感線」の座付き作家である中島かずきが「早乙女太一のアクションを世界に届けたい」という思いから書き下ろした意欲作。早乙女は、人の心の闇から生まれた“穢刃(けがれやいば)”を封印する“封刃師”の御沙神駆(おさがみ・かける)を演じている。多くの作品で中島とタッグを組んできた早乙女が感じる“中島かずき脚本”の面白さとは? また、舞台と映像でアクションの表現はどのような違いがあるのか。早乙女に聞いてみた。

久々の“闇”“謎”キャラクターで初心に返る

――まずは、「封刃師」の話を受けての率直な感想を教えてください。

早乙女:個人的には“初心に返る”という感じでした。10代の頃に与えてもらっていたような役柄を久々にやることになって…「謎」「闇」「寡黙」みたいな(笑)。17歳のときに初めて劇団☆新感線の作品に出させてもらったんですけど、大体かずきさんが書く僕の役って「謎の剣士」とか「孤独な○○」なんですよね(笑)。最近はあまりなかった役柄なので、懐かしかったです。

――脚本を読んで、どんなところに面白さを感じましたか?

早乙女:まず「封刃って!?」というところから面白いと思いました。アクションで刀を鞘に納めるという発想はしたこともなかったですし(笑)。どうやったらかっこ良く見せられるかな、(アクションの)バリエーションが作れるかなと想像するのは大変でした。

――舞台「髑髏城の七人」や映画「プロメア」など、中島かずきさん脚本の作品に多く出演されています。そんな早乙女さんからご覧になって、“中島かずき脚本”の魅力というのは?

早乙女:言葉にないところ、セリフにないところも裏の設定がしっかりしているので、想像する楽しみはありますね。今回は特に謎、闇の部分が多いですから。かずきさんの脚本は“闇”を暑苦しく押しつけない。でも、その奥にちゃんと感じられて想像できる。なおかつちゃんと活劇でもあるというのが魅力だと思います。

No image

早乙女太一 / 撮影=阿部岳人

舞台と映像のアクションは「比べものにならないくらい別物」

――役柄についてもうかがいます。御沙神駆は演じやすいキャラクターでしたか?

早乙女:そうですね。アクションもそうですが、駆は全部に対して“受ける”キャラクターなので、“受けられる人であろう”ということを一番に考えていました。

――衣装などでもアイデアを出されたとか。

早乙女:一歩間違えるとすごく安っぽくなってしまう可能性もある作品なので、ビジュアル面や衣装についても綿密に話をしました。だから、本当に「予算は大丈夫か?」と気になってしまって(笑)。そんな心配をしながら、現場では知らないふりをしていましたけど(笑)。

No image

「封刃師」第1話より / (C)ABCテレビ

――本作の見どころといえばやはり本格的なアクションです。舞台と映像で、アクションの見せ方は違いますか?

早乙女:全然違いましたね。比べものにならないくらい別物でした。舞台では自分と相手とでアクションを成り立たせるんですけど、映像はそこにカメラが入ってくるので。カメラにも一緒にアクションしてもらわないといけなくて、その違いは大きかったです。勉強になりました。

――制約が増える分、難しくなるのでしょうか? やりやすくなるのでしょうか?

早乙女:舞台は多くやらせてもらっている分、見せ方の引き出しはあるんですけど、映像になると画角がありますからね。「僕だけがどうの」というより、画角のことも考えて息を合わせなきゃいけない人が増えるんです。もちろん制限も増えますが、それを超えられたら無限に広がっていくんだなというのは感じました。

立ち会いは言葉のない会話「相手の人となりが分かる」

――アクションではどのようなアイデアを出したのですか?

早乙女:駆はとにかく相手の心や闇を見て、それを受け止める人なので、一番大事にしていたのは、常に“受けて、見る”ということです。そこは監督とも話をして大事にしていました。戦いながら、ものすごく見る。“穢刃”を持っている相手は、闇にとらわれているだけの人もいるし、快楽殺人者もいるし。キャラクターによって戦い方もシチュエーションも違うので、相手によって攻撃の仕方を変えたり、そういうところのニュアンスは大事にしていましたね。“倒す”ことが目的ではないというか。

――駆は“穢刃”を封印する鞘だけで相手と戦います。そのアクションについてはいかがですか?

早乙女:いつもは斬る方なので、そういう意味では真逆ですね。舞台の「何十人斬るんだろう」という大立ち回りとは全然違います(笑)。この作品に限らず、立ち会うと相手の人となりが分かるんですよ。今回はさまざまな人たちが来てくれて、真摯に向かってきてくれました。アクション中は言葉はないですが、その会話は楽しかったです。

No image

「封刃師」第1話より / (C)ABCテレビ

――最後に、作品の見どころを教えてください。

早乙女:手塚(とおる)さんの役が好きなんです。巳前さんもっと見たいなぁ。一番闇を持ってるんじゃないかってくらい気持ち悪かった(笑)。あの気持ち悪さはかっこ良かったですね。めちゃくちゃいい人なんですけど、つかめなくて(笑)。

駆としての見どころは…駆というより、駆と相棒である翔(遠藤雄弥)の物語なんですよね。回を重ねるごとに、2人のドラマが見えてくる。そんなに会話をしているわけではないのですが、言葉がないところで感じるものがあり、“ニコイチ”な感じがします。特に翔は表面的なものと内面的なものにギャップのある人ですし。2人は複雑だけど、すごく純粋につながっている。お互いがあっての個人なんだなということは、ものすごく感じました。それが後半に見えてくるので、面白いんじゃないかなと思います。

No image

早乙女太一 / 撮影=阿部岳人

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加