関西のうなぎはここで!美味しくてコスパの良いお店20選

関西のうなぎはここで!美味しくてコスパの良いお店20選

  • 食べログまとめ
  • 更新日:2021/09/15

グルメな人が多い関西には、コスパ抜群の美味しいお店がたくさん。なかでもうなぎの名店は、大阪を中心に関西各地に多数あります。夏のうなぎはスタミナ食として有名ですが、実はうなぎの旬は秋から冬にかけてです。今回は、関西の各都市でうなぎが美味しいお店をまとめました。街やお店で異なる美味しさをご紹介します。

記事作成日:2021/09/15

鰻 にしはら

No image
No image

出典:cpa77さん

大阪市中央区にあるうなぎ専門店。店主は静岡で修行したそうで、関西に居ながら関東風のうなぎが食べられると人気です。

カウンター5席とテーブル4席計9席の小ぢんまりとした店内は、清潔感のある和モダンな雰囲気とのこと。人気店なので予約は必須だそう。

No image

出典:ぴーたんたんさん

うなぎは国産のみです。サイズは最も美味しいとされる五本ものを仕入れているそう。ほどよい肉質で繊細な味が楽しめるとか。

「うなぎ丼」は関東風で、焼く前に一度蒸してあるため、ふんわりとやわらかいそう。タレは少なめで、素材の味が堪能できるとのこと。

No image

出典:熟睡猫さん

「うざく」は、香ばしく焼いたうなぎの蒲焼に、冷たいきゅうりの酢の物を合わせて食べる三重県の郷土料理。

お店の「うざく」には、ミョウガやカブなども入っているようです。野菜の辛味や甘味がうなぎの旨みを引き出して美味しいそう。

・白焼ハーフサイズは半尾ながら結構大ぶりな鰻。1400円なのでかなりリーズナブルだと思います。まずは、軽くわさびで。スッと箸を入れるとほぼ抵抗なく、なんともふわふわした食感。そこから脂の甘みが口に広がりますね。醤油で頂くとこの甘みがさらに増しますが、個人的には塩でいただきたい一品です。

出典:ぱたぱたぱたごにあさんの口コミ

・鰻丼鰻は蒸してから焼く関東風。鰻はかなりの柔らかさで、口の中で溶けていく感覚。脂の乗り具合、焼き加減、適度な甘味のタレが絶妙で鰻の美味しさが引き立ちます。少し硬めのご飯が適度にタレが染み込んで最後まで美味しく味わえます。ふわふわの鰻とご飯との一体感が最高!

出典:おざりえ☺さんの口コミ

鰻 にしはら(谷町四丁目/うなぎ、丼もの(その他))

☆3.87

夜の金額:¥3,000~¥3,999

昼の金額:¥2,000~¥2,999

住所:大阪府大阪市中央区北新町4-12

TEL:06-6926-4478

鰻家

No image

出典:7070JAZZさん

大阪市淀川区にあるうなぎの専門店。カウンター11席の小ぢんまりとしたお店だそう。

捌きたてのうなぎが美味しいと評判です。大阪だけでなく、関西各地から多くの人が訪れるとか。

No image

出典:ishikamiさん

「うな重」は、並、上、特上の3種類。注文が入ってから大将が捌き、紀州備長炭を使って焼き上げるそうです。

表面がサクっと、皮はパリッとした食感とのこと。強めの焼きでとても芳ばしく仕上がっているそうです。

No image

出典:ぺーぱーかんぱにーさん

コースメニューは松竹梅の3種類。うな重と一緒にうなぎの白焼き、肝焼き、肝吸いなど計8品が供されるようです。「う巻き」は、玉子の味付け、ふわとろの焼き加減が最高だそう。

「八幡巻き」は、ゴボウのコリコリ食感とうなぎの旨みが相まって美味しいそう。

・鰻棒寿司酢めしに大葉、山椒、鰻、海苔。お重と違い、こちらは大人の鰻と感じました。大葉と山椒が鰻と良くあっていて美味しいです。さらに少し鰻タレをつけると、違った美味さが!

出典:cpa77さんの口コミ

・うな重ここまで香ばしく焼き上げられた鰻は初めてで、皮がパリパリでウマー(๑˃̵ᴗ˂̵)山椒も香りが良いです。ご飯にはタレがかかってませんがお好みでかけれるよう卓上にタレは置いてあります。

出典:z336054さんの口コミ

鰻家(南方/うなぎ)

☆3.83

夜の金額:¥6,000~¥7,999

昼の金額:¥5,000~¥5,999

住所:大阪府大阪市淀川区西中島4-5-22第3新大阪ビル 1F

TEL:06-6302-7200

吉寅

No image

出典:ななしょうさん

大阪市中央区備後町にあるうなぎの専門店。関西を代表する江戸前うなぎの名店だと評判です。料理のクオリティーが高く、接客も丁寧だとか。

蒸し置きはせず、来客の状況を見ながら蒸し、焼きは注文が入ってから炭火で焼き上げるようです。

No image

出典:ベビーグルートさん

「鰻丼定食」は、関西風に表面はカリッと強めに香ばしく焼かれて、いい色に仕上がっているそうです。

関東風の蒸しの工程が加えられたうなぎは、とてもやわらかくふんわりとした食感だそう。関西と関東の良いとこ取りのようなうなぎだとか。

No image

出典:TOMOまんさん

「うなぎづくし」のコースでは、白焼き、う巻き、デザートなど計7品用意されているようです。

最初に突き出しとして供されるのは、うなぎや季節の食材を使った8種の料理だそう。うなぎ肝煮、うなぎの燻製、焼き麩などが美しく盛り付けられているそうです。

・鰻丼定食一口いただいてみると、ふわふわに蒸された鰻は、口の中でとろけます(^○^)タレは、醤油が利いていて、甘み抑えめのサラサラ。これは好みの味です。ご飯はしっかりと固めに炊かれていて、ふわふわな鰻とのベストマッチ。食べ進めるうちに、鰻とご飯とタレが、ちょと蒸されて、いい食感になってきます。

出典:ベビーグルートさんの口コミ

・鰻づくし鰻割烹のお店ということなので、コースを注文。やっぱり鰻丼は、鰻1尾食べたいかな~(*´艸`)ということで、「鰻づくし上」にしました。鰻づくしの付きだし。上品な前菜から始まる鰻コースは、なかなか食べる機会がないので新鮮。鰻の肝・鰻の燻製・ホタテの貝柱・イチョウの形のなると金時・ししとう。

出典:カヨカヨさんの口コミ

吉寅(堺筋本町/うなぎ、懐石・会席料理)

☆3.77

夜の金額:¥10,000~¥14,999

昼の金額:¥5,000~¥5,999

住所:大阪府大阪市中央区備後町1-6-6

TEL:06-6226-0220

志津可

No image

出典:カフェモカ男さん

中之島公会堂のすぐ近くにあるうなぎ専門店。蒸してから焼くふんわりとした江戸前のうなぎが食べられると、関西一円から多くの人が訪れるとか。

関西では珍しいという静岡県の最高級ブランドうなぎ「共水うなぎ」が、リーズナブルに味わえるそう。

No image

出典:kureaさん

「うな重」は、脂がのっているにもかかわらず、さっぱりとしているそうです。

お店で使われている「共水うなぎ」は、不飽和脂肪酸などの必須アミノ酸が多く含まれているため、あっさりと食べられるとか。

No image

出典:あかいおおかみさん

「うなぎの燻製のサラダ」は、燻製の香ばしい香りが口いっぱいに広がって、とても美味しいそう。

単品で頼むことも可能ですが、コースでも供されることがあるようです。うなぎ料理の幅の広さや奥行きの深さが感じられる逸品とのこと。

・計5品のコース料理香ばしく焼く名古屋・関西風の蒲焼きも良いが。。。こちらは、白焼きにしてから蒸し、串にして焼く 百年老舗の江戸風。兎に角❗フワッフワ!で柔らかい❗脂も落ちて、あっさり!さっぱりした鰻に、秘伝のタレの風味・味が絶品❗

出典:ChnnSiTaKi RiNaさんの口コミ

・肝焼きまずは、肝焼き。串から外してあって食べ易いです。タレの主張は控えめで、ほんのりとした繊細な苦みを十分に感じることができます。これには、ビールより日本酒が合いますねぇ。

出典:りょんこさんの口コミ

志津可(淀屋橋/うなぎ、和食(その他)、魚介料理・海鮮料理)

☆3.72

夜の金額:¥5,000~¥5,999

昼の金額:¥3,000~¥3,999

住所:大阪府大阪市北区西天満1-13-7

TEL:06-6364-9129

本家柴藤

No image

出典:kinako-ankoさん

関西各地からグルメが訪れるという、大阪市中央区にあるうなぎの専門店。江戸時代半ば、享保年間の創業で、歴史と伝統のうなぎ料理が堪能できる名店とのこと。

名物「大阪まむし」と、う巻き、うざくなどのうなぎ料理がセットで楽しめる定食などが人気です。

No image

出典:urya-momenさん

名物「大阪まむし」は、ご飯の中にうなぎが隠れていて、湯気で蒸されてふんわりと、やわらかいそう。

うなぎの量によって、蘭、桜、菊など4種類から選べるようです。タレは甘さ塩味をおさえた優しい味なので、うなぎの旨みがストレートに味わえるとか。

No image

出典:erima1さん

「おひつまむし」は、名古屋のひつまぶしと同じ要領で3つの味を楽しむそう。まずはそのまま、香ばしく焼かれたうなぎの風味を堪能するそうです。

次はネギや海苔などの薬味を入れ、うなぎとのマリアージュを楽しみ、最後に出汁を注いでさっぱりと食べるそう。

・大阪まむし 桜蓋を開けてご対面、おおっぎっしりと蒲焼が敷き詰められています。早速ひと口、うん、カリッと感あり。身はふわふわ、美味い!タレは濃くなく鰻本来の旨味を感じられます。これぞ大阪まむしと、ご飯の間にも鰻が入っており、かなり鰻多めのバランスで頂けました。

出典:野菜切り放題さんの口コミ

つき出し。冬瓜のゼリー寄せ?ぷるぷるのゼリーに、じゅんわりと出汁を吸った冬瓜。オクラと茗荷がいいアクセント。う巻。鰻の入っただし巻・卵2個巻。ふんわりほかほか、出来立てのう巻。ず~っと食べたかったう巻、おいし!うざく。きゅうりと鰻の酢の物。疲れた身体に甘酢が染み渡る~。

出典:Olive Oylさんの口コミ

本家柴藤(淀屋橋/うなぎ)

☆3.74

夜の金額:¥6,000~¥7,999

昼の金額:¥5,000~¥5,999

住所:大阪府大阪市中央区高麗橋2-5-2

TEL:06-6231-4810

ふくのや

No image

出典:すくわかさん

大阪市北区の北新地エリアにある割烹料理店。白木造りのカウンターとテーブル席があるようです。ランチタイムはうなぎがメインとか。うな重、蒲焼き、セイロ蒸しなどが用意されているようです。

夜はふぐコースがメインになるようですが、うなぎ料理も食べられるそう。

No image

出典:masayan.310さん

ランチは、うなぎとだし巻き卵が入った「うな玉丼」が人気です。

飴色に輝くうなぎは、厚みがあってやわらかいそう。蒸しの工程を経て、ふんわりとした食感を楽しめるそうです。卵は素材の味が感じられる、さっぱりとした味付けだそう。

No image

出典:Lonron-memoさん

「セイロ蒸し」は、ご飯もうなぎも、よりやわらかく、ふっくらふんわりとした仕上がりだそう。うなぎの下に、上品な味付けの錦糸卵がたっぷりと敷き詰められていて、綺麗な見た目です。

料理には赤出汁の味噌汁、小鉢、漬物が付いているとのこと。

・うな重 松厚みがあって身は柔らか、蒸しの工程を経ても確かな脂の旨味があります。タレは幾分スッキリとした感じでクドくなくお江戸分風な鰻によく合いますね。そして思い出したかのように卓上の山椒をパラリ、有名店でも小袋入りの山椒を使う所もありますが、こちらの山椒は香りが鮮烈でまるで新緑のような爽やかさ。

出典:咲州の政さんの口コミ

・うな玉丼注文してからだし巻き玉子を作って下さいます。その手際の良さはさすがでした( ¯꒳¯ )b✧とにかくふわっふわな玉子焼きはそれだけでもめっちゃ美味しいのに鰻のタレが掛かれば、どんな玉子焼きであろうが無敵!タレも甘過ぎないあっさりしたお味で美味しかったです。

出典:yoshi800さんの口コミ

ふくのや(北新地/うなぎ、割烹・小料理、ふぐ)

☆3.73

夜の金額:¥10,000~¥14,999

昼の金額:¥2,000~¥2,999

住所:大阪府大阪市北区曽根崎新地1-1-11北陽ビル 1F

TEL:06-6341-2908

魚伊 本店

No image

出典:Oldmanさん

大阪市旭区にあるうなぎの専門店。1867年創業で、歴史を感じさせる外観です。うなぎの卸売りを行う企業の直営店で、質の良いうなぎがリーズナブルに味わえるとか。

平日でも人足が絶えない人気店ですが、オペレーションが良いので、待ち時間は短めだそう。

No image

出典:カフェモカ男さん

「うな丼 特上」には、うなぎ1尾まるごと使われているようです。香ばしく焼けたうなぎは、しっかりと厚みがあるそう。

身の表面は、パリッとした食感で、中身はフワフワとやわらかく仕上がっているとのこと。

No image

出典:カフェモカ男さん

「肝焼き」は、串に刺した状態ではなく、華やかな器に盛り付けられて提供されます。

ぷりぷりで、外側はカリッと焼かれ、中はとろっとしてクリーミーだそう。タレの味と独特な苦味は互いを引き立て合う抜群の相性だとか。

・肝焼プリッとした食感が良い感じ。少し焦げて香ばしさもある。もちろん肝に臭みはなく、ほのかな苦みもジンワリと感じる。うん・・・これは酒呑みてぇ!!(ww

出典:urya-momenさんの口コミ

・うな玉丼櫃まぶしのように細くカットされた鰻に出汁巻き玉子が載ってます。鰻は少な目ですが山椒を掛けてご飯とかっ込むとウマウマ(^.^)。出汁巻き玉子は、熱々ふっくらと柔らかいです。うなぎのタレを玉子に廻し掛けて美味しくいただきました。

出典:ノンタンnonさんの口コミ

魚伊(関目高殿/うなぎ、魚介料理・海鮮料理)

☆3.72

夜の金額:¥4,000~¥4,999

昼の金額:¥2,000~¥2,999

住所:大阪府大阪市旭区高殿4-8-10

TEL:06-6953-3707

大國屋鰻兵衛

No image

出典:ギャルソンヌさん

京都市中京区、錦市場のすぐ近くにあるうなぎ屋さん。スタイリッシュですっきりとした店内には、テーブル席が12席あるそう。

予約しておくと、到着時間に合わせて、御竈飯(土鍋ごはん)を炊いておいてくれるそうです。

No image

出典:みるみんくさん

メニューは「地焼きうなぎと御竈飯(おくどはん)」のみ。鹿児島産のうなぎを使っているそうです。「地焼き」とは、蒸さずに焼く関西風の焼き方。パリッとした香ばしさが特徴だとか。

丁寧に焼かれたうなぎは、ほどよく焼き色がついて美味しそうだそうです。

No image

出典:あるぱかーんさん

自分でご飯を茶碗によそい、うなぎをのせタレをかけて食べるそう。

土鍋で炊いたご飯はもちろんのこと、吸物・漬物・薬味、どれもクオリティーが高くて美味しいそう。特に3種の漬物はうなぎの味を引き立てる絶品揃いで、さすが京都と唸らされるとか。

・地焼うなぎと御竈飯腹から裂いて、頭を付けたまま香ばしく焼きあげるのが関西風の蒲焼き。蒸さない鰻の歯応えもありながら香ばしい美味しさが最高!甘めのタレをかけるとご飯が進む。最後残ったご飯はほうじ茶をかけてお茶漬けに。ここに鰻の佃煮と余らせておいた鰻を乗せると最高の食べ方!

出典:食べムロさんの口コミ

・地焼うなぎと御竈飯身がキュッとしまっていてプリプリです!噛めば噛むほどに旨味があふれてきます。脂ものっていますが、脂自体の質が良く、サラッとしていて全然くどさがないです。タレの塩梅も絶妙でうなぎとの相性が抜群。こんなに美味しいうなぎを炊きたての土鍋ごはんにのせたら美味しくないわけがないですね。

出典:あるぱかーんさんの口コミ

大國屋鰻兵衛(烏丸/うなぎ)

☆3.84

夜の金額:-

昼の金額:¥6,000~¥7,999

住所:京都府京都市中京区堺町通錦小路上ル539

TEL:075-255-2590

うなぎ屋 廣川

No image

出典:bottanさん

京都市右京区の、渡月橋近くにあるうなぎの専門店。風情のある日本家屋の一軒家レストランで、雅な雰囲気だとか。

夜になると敷地内の庭園がライトアップされて、とても綺麗だそう。料理は単品、コースともに豊富なラインアップだそうです。

No image

出典:あるぱかーんさん

「うな重定食」は、梅・桜・上の3種類。小鉢の数やうなぎのサイズが異なるようです。

「上うな重定食」では、鯉のあらい、うざく、肝焼きなどが供されるそう。鯉のあらいは、コリコリの食感と臭みのない旨みが抜群だとか。

No image

出典:黄色のたぬきさん

「うざく」は、うなぎに厚みがあってふっわふわと評判です。脂がのって旨みの強いうなぎですが、きゅうりの酢の物と一緒に食べると、すっきりとした味わいに変わるとか。

「うな重定食」に含まれますが、単品でも注文できるようです。

・上蒲焼きコース鰻を余すところなく満喫できるコースでした。外はパリ、中はふんわりと京都ですが関東風の調理です。鰻1匹分は使っているはずなのに、しつこくなくペロリといただけます。

出典:iubknvsdさんの口コミ

・上うな重定食きも焼き。焼き加減、タレ共に良い感じでした。うなぎ湯葉巻き。湯葉の風味を殺さない様に控えめな味つけの湯葉とうなぎが相まってアッサリした感じのものでした。

出典:朱雀6402さんの口コミ

うなぎ屋 廣川(嵐山(京福)/うなぎ、どじょう)

☆3.79

夜の金額:¥6,000~¥7,999

昼の金額:¥6,000~¥7,999

住所:京都府京都市右京区嵯峨天龍寺北造路町44-1

TEL:075-871-5226

祇をん う桶や う

No image

出典:☆ゆう☆さん

京都市東山区の祇園エリアにある割烹料理店。桶で供されるうなぎが、いかにも京都らしいと大人気です。一度蒸してから焼く江戸前のうなぎに、秘伝のタレをつけてじっくりと焼き上げるそう。

「八幡巻」や「うなぎの湯引き」など、うなぎ料理も豊富にあるようです。

No image

出典:ごろひでさん

看板料理だという「う桶」は、大中小と3つのサイズが用意されているようです。

目安はそれぞれ3、4、5人前。タレご飯が敷き詰められ、その上にふっくらとした江戸前のうなぎがのっているそう。

漬物と肝吸がセットで供されるとのこと。

No image

出典:S.Y Nのグルメ日記さん

「うなぎの叩き」も食べられます。もみじおろし、プチトマト、大葉など、多種類の野菜や薬味が添えられているそう。

こんがりと表面を焼いた白焼きのうなぎは香ばしくてふわっふわとか。野菜や薬味によってすっきりとした味わいになるそうです。

・う桶桶で出てくる迫力があります。来た瞬間、おぉーっ!と歓声をあげちゃいました。ふっくらした鰻。こちらは関東風だそうで、蒸してから焼いているため、身がふっくらしています。たれのかかったごはんに、鰻がどーん。山椒と、タレが置いてあるので、追いダレも可能。

出典:ひなた桜さんの口コミ

・う巻きう巻きは玉子がフワッフワで熱々で中の鰻は香ばしくて流石のレベル、白焼きはさっぱりしつつ非常に香ばしくてワサビと食べると絶品でした。ビールに合いますねえ。

出典:もへじいさんの口コミ

祇をん う桶や う(祇園四条/うなぎ、割烹・小料理、懐石・会席料理)

☆3.76

夜の金額:¥4,000~¥4,999

昼の金額:¥4,000~¥4,999

住所:京都府京都市東山区祇園西花見小路四条下ル

TEL:075-551-9966

かね正

No image

出典:くぴぷちさん

京都市東山区、祇園エリアにあるうなぎの専門店。カウンター6席、テーブル8席で小ぢんまりとしたお店だそう。

1866年の創業で、蒸さずに直焼きする関西風の伝統的なうなぎが食べられるそうです。「うな重」以外にも、うなぎを使った名物料理が各種楽しめるとか。

No image

出典:ぴーたんたんさん

「きんし丼」は、胡麻とタレを混ぜたご飯に、関西風にパリッと焼かれたうなぎがのっているそう。うなぎをすっぽりと覆うようにたっぷりの錦糸卵がのっています。

うなぎもきんし卵も注文を受けてから作るので、できたてのふんわりとした食感が楽しめるそう。

No image

出典:オトシンさん

名物「お茶漬けうなぎ」は、濃いめのタレをつけて焼かれた艷やかなうなぎが、熱々のご飯の上にのっているそうです。

さっぱりとした出汁を注ぐと、うなぎのタレが溶け出して美味しそう。3種の薬味と3種の香の物が、別々の小皿で提供されるようです。

・うな重うな重のうなぎは関西風の焼き方で皮がパリッと焼かれ身は柔らかく焼かれていました。普段蒸して焼く江戸前が好きな私ですがこの関西風の焼き方もおいしいなと改めて知らせていただけるものでした。

出典:2 としさんの口コミ

・きんし丼たまごはほんのり甘めでふんわり仕上げ。この甘みがうなぎとなかなか合う。ごはんは気持ち柔らかめで、タレと胡麻がしっかりまぶされている。胡麻の芳ばしさがアクセントとなり飽きが来ない。うなぎ、たまご、タレ、胡麻。どれも良い感じに噛み合っていて、バランスの良い美味しいうな丼だった。

出典:あるぱかーんさんの口コミ

かね正(祇園四条/うなぎ)

☆3.71

夜の金額:¥2,000~¥2,999

昼の金額:¥2,000~¥2,999

住所:京都府京都市東山区大和大路通四条上ル2丁目常盤町155-2

TEL:075-532-5830

わらじや

No image

出典:サプレマシーさん

京都市東山区、三十三間堂から歩いてすぐの場所にあるうなぎの名店。1624年創業で外装も内装も趣深いそう。特に、座敷席のある建物は風情豊かでゆったりと食事が楽しめるとか。

国産うなぎを使った雑炊「うぞふすい」や、うなぎの一品料理を提供しているそうです。

No image

出典:さおりーぬさん

メニューは「うぞふすい」のコースが中心となるようです。うなぎの雑炊と、先附・うなべ・香物・水物・抹茶が付いているそう。

「うなべ」は、出汁に、骨抜きをしてぶつ切りにしたうなぎの筒焼き・九条ネギ・庄内麩・春雨を入れて炊いたものだとか。

No image

出典:さおりーぬさん

「うぞふすい」のコースで提供されるうなぎの雑炊は、「うなべ」とは別の鍋で提供されるようです。

雑炊には、うなぎの白焼きに、椎茸、ごぼうなどが入っているそう。うなぎや野菜から旨みが溶け出して、とても美味しいそうです。

・うなべお鍋にはぶつ切りのうなぎ、九条ネギ、春雨、お麩。出汁にうなぎの脂が溶け出してて、旨味があってとっても美味しい〜いくらでも飲めそうなお出しですね。うなぎは地焼きの白焼きでした。身がふかふかで脂たっぷりでうまい!ぶつ切りのまま焼いているので、うなぎの脂で揚げたような形になってますね。

出典:あるぱかーんさんの口コミ

・うぞふすい人参や牛蒡などの野菜や椎茸なども参加。そんな出汁を卵がまとめるかのように旨味が凝縮されます。鰻は先ほどとは違い、白焼きにて登場。この香ばしさももちろん鍋の重要なアクセントを担っております。

出典:ミトミえもんさんの口コミ

わらじや(七条/うなぎ、鍋(その他))

☆3.71

夜の金額:¥6,000~¥7,999

昼の金額:¥6,000~¥7,999

住所:京都府京都市東山区七条通本町東入ル西之門町555

TEL:075-561-1290

うなぎ いっせい

No image

出典:うな重さん

京都市西京区にあるうなぎ専門店。ふんわりと蒸したうなぎを紀州の備長炭で焼き上げる、江戸前のうなぎが堪能できるそうです。

タレは、夏は辛め・冬は甘めなど、気温に合わせて配合を変えているとか。

日本有数のうなぎの産地、九州・愛知から仕入れているそう。

No image

出典:藤むら サキさん

うな重は、特重でもリーズナブルに食べられるようです。特重を頼むと、うなぎを中入りにするか、全部上に乗せるかを選択できるそう。中入りにすると、ご飯の蒸気を吸って、ふんわり感が増すとか。

備長炭で焼いたうなぎは、炭の匂いが移って香ばしいそうです。

No image

出典:薫美さん

名物「塩白焼重」は、絶品メニューと大人気。ゴマやじゃこ、山椒などがご飯にのっていて、添えられたわさびと一緒に食べると、さっぱりして美味しいそうです。

ランチなら、鯉の洗い・うざく・うまきが一緒に楽しめる「御膳」がお得だとか。

・塩白焼重鰻屋の名店に多数行きましたが、私が白焼重を毎回注文するのはここのお店だけです。なので初めて行く方にはぜひ塩白焼重を食べてその美味しさに感動して欲しいです!ねっとりと脂の乗ったとろける口溶けの鰻と絶妙な塩加減がたまりません。実山椒とじゃこの相性も抜群で一口、また一口と箸がすすみます。

出典:かなた9999さんの口コミ

・肝焼き良いうなぎを提供されると評判のお店です。江戸前のさばきに,蒸しあげた上で焼きあげる手法はふっくらにしてトロける鰻で素晴らしいです。白焼きは鰻の油が上品に香りますし,出来たて鰻巻きも香ばしく焼き上げた肝焼きも最高です。

出典:翔鶴改さんの口コミ

うなぎ いっせい(松尾/うなぎ、どじょう)

☆3.64

夜の金額:¥5,000~¥5,999

昼の金額:¥5,000~¥5,999

住所:京都府京都市西京区松尾木ノ曽町59ウィズワンビル2F

TEL:075-383-6500

うなぎの豊川

No image

出典:サプレマシーさん

奈良市富雄元町にあるうなぎ屋さん。奈良でうなぎといえばここ!というくらい有名なお店だそう。関西各地から絶品うなぎを求めて訪れるグルメも多いとか。

東大阪のうなぎの名店で修行経験を持つ大将が供するうなぎは、蒸さずに焼き上げる関西風のうなぎだそう。

No image

出典:loganさん

「うなぎ定食」や「うなぎフルコース」は、うざく、肝焼き、白焼きなど色々と味わえる贅沢なメニュー。うな重か蒲焼きご飯セットが選べるそう。

「うなぎフルコース」で供される「うなぎの薄造り」は、脂がのっているのにすっきりして美味しいそうです。

No image

出典:GS PALLASさん

関西風の蒸さない地焼きで提供されるうなぎは、皮がパリッと焼かれ、サクサクの食感が楽しめるそう。

身は厚みがあるので、やわらかいふんわりとした仕上がりとのこと。皮の食感とのコントラストが楽しめるようです。

・う巻き熱々で提供されましたよ!う巻2切れに紫蘇の葉と紅生姜が添えられます。「うなぎのタレでお召し上がりください。」とのことでしたが、まずはそのまま。美味しいっ!!!タレを付けるとより味がハッキリしてくるように思います!! 出汁巻の旨さと柔らかくて濃厚な鰻の旨さ!!!こりゃ、たまらんですな~!!!

出典:GS PALLASさんの口コミ

・うなぎフルコース⭐️鰻のうす造り。これこれっ❣️あっさりしつつも鰻の脂ノリが素敵❤️「てっさ」を彷彿させる 鰻のお造り^^「たっぷりおネギ」と「もみじおろし」をポン酢に絡めていただきます♬Lion♡的には「てっさ」より脂がのった「鰻造り」が好みかな❤️⁾湯引きも入っててコレはオーダー必須‼️

出典:Liona♡さんの口コミ

うなぎの豊川(富雄/うなぎ)

☆3.72

夜の金額:¥3,000~¥3,999

昼の金額:¥3,000~¥3,999

住所:奈良県奈良市富雄元町3-3-12

TEL:0742-51-8171

みしまや

No image

出典:nakaさん

奈良県天理市にあるうなぎの専門店。国産うなぎにこだわり、良心的な値段でうなぎが提供されていると評判です。

黒糖を使ったタレをたっぷりと染み込ませたご飯と、厚みのあるふっくらとしたうなぎが絶妙なハーモニーを奏でてくれるとか。

No image

出典:ナオパパさん

「鰻丼」は、並、上、特上の3種類あります。特上には、「うざく」が付いているようです。

お吸い物と香の物もついた本格派のうなぎが、驚きの価格で楽しめると大人気です。

No image

出典:ナオパパさん

「ひつまぶし」は、セットで頼むと「う巻き」やデザートが付いてくるそうです。

まずは、そのまま食べてうなぎ本来の味を楽しんで、次に薬味と一緒に。最後に出汁をたっぷりと注ぎ入れると、すっきりとした味わいになるそうです。

・特上丼しっかりした量の、鰻が乗ってます。それでいて鰻意外にもあれこれあって、しかも、このお値段。なかなかのお値打ち品かと。※流行る理由、分かるなぁ。鰻はふっくら。最初は薄口に感じた、タレの味でしたが※思わず、卓上に追加用のタレがないか、探したよ。食べているとちょうど良い感じに、馴染んで来ました。

出典:にゅん♪♪さんの口コミ

・上丼メインの鰻丼はご飯はタレと最初から全部混ざっています。早速食べると鰻は表面は香ばしく焼かれていて身もふっくらしていて美味しい~ご飯もよくすすみました。肝吸いも優しい味わいで美味しかったです。この上丼が税込みで2040円で食べれるならお値打ちですね。人気があるのも納得ですね。

出典:acchi814さんの口コミ

みしまや(天理/うなぎ)

☆3.54

夜の金額:¥3,000~¥3,999

昼の金額:¥2,000~¥2,999

住所:奈良県天理市三島町120

TEL:0743-62-0902

大門

No image

出典:おざりえ☺さん

大和郡山市にあるうなぎ屋さん。注文が入ってから、活うなぎを目の前で捌いてくれるそう。捌く前に大将が、「うなぎを捌くからご覧になるならどうぞ」と声をかけてくれるそうです。

蒸さずに焼き上げる関西風のうなぎは、皮がパリッとして美味しいそう。

No image

出典:まるえさん

「2色のひつまぶし丼」は、女性からの人気が高いメニュー。塩で焼いた白焼きの鰻丼と、タレで焼いた鰻丼が両方食べられる欲張りメニューだそう。

薬味や出汁で味変もできるので、一度に6つの異なる美味しさが楽しめるようです。

No image

出典:naranaraさん

「うなとろ丼」は、とろろが入ったヘルシーなメニューとして女性から人気です。

短冊に切った白焼きのうなぎと、たっぷりのとろろが丼のご飯の上にのっているそう。ネギとわさび醤油で食べると、さっぱりして美味しいとのこと。

・うな重定食うなぎは、側サクッ内フワッのこれぞ関西って感じの焼き具合。タレでコテコテに焼き付けられて味付けされているのではなく、うなぎ本来の甘味や旨味やコッテリ感を引き立たせる為に必要最低限タレを使用しているといった感じです。

出典:奈鹿さんの口コミ

・2色のひつまぶし丼注文を終えるとすぐに店主さんが「捌くところも良かったらどうぞ見てください」とお声がけして下さり、手際良く捌かれていく様子を写真に撮らせて下さいました。二色丼、最近白焼きを知った私は人生損をしてましたね笑…やはり白焼きの丼のほうが好みでした〜でもどちらも美味しかったです。

出典:まるえさんの口コミ

大門(筒井/うなぎ、鍋(その他)、すっぽん)

☆3.48

夜の金額:¥3,000~¥3,999

昼の金額:¥2,000~¥2,999

住所:奈良県大和郡山市筒井町934-1

TEL:0743-57-7234

う嵐

No image

出典:Ahwahneeさん

滋賀県大津市にあるうなぎの人気店です。関西におけるうなぎの聖地との呼び声高く、絶品と太鼓判を押すファンも多いとか。

店内には壁一面にうなぎ関連の書籍が並び、美味しいうなぎの研究に心血を注いでいる様子が伝わるそうです。基本的に予約が必要とのこと。

No image

出典:辣油は飲み物さん

「うな重」は、うなぎの頭と尻尾が重箱から飛び出していて、食べる前からビジュアルの迫力に圧倒されるとか。

お店独自のスゴ技で焼き上げた皮は、カリカリの食感だそう。味変で卵かけや、うなぎ茶漬けなども味わえるそうです。

No image

出典:タケマシュランさん

「肝のタレ焼き」は、バリッと思い切りよく炙られていて、照りが良く、美しいビジュアルだそうです。

レバー特有の奥行きのある風味に、濃厚なタレが相まって、インパクトの強い味わいなのだとか。

・白焼きミルキーな味わいを兼ね備えた繊細なもの。かといって淡くはなく、サラサラとしていながらも力強さを感じる。皮は分厚いはずなのに、軽やかな食感。皮の下の脂は確かに薄めで、その分、確かに身の方に脂分が移っている。唯一無二の白焼き。

出典:ノバンディさんの口コミ

・うな重蓋を外すとブワっと広がる香ばしい香り。山岡士郎も言っていましたが、やはり鰻の醍醐味はこの香りなのかもしれません。バリっとした香ばしい食感にムキムキマッチョな弾力、瑞々しい質感。肉厚を通り越してステーキを食べているような感覚に近く、この味覚は複雑さを通り越して奇跡である。

出典:タケマシュランさんの口コミ

う嵐(三井寺/うなぎ)

☆3.64

夜の金額:¥15,000~¥19,999

昼の金額:¥10,000~¥14,999

住所:滋賀県大津市浜大津3-3-2

TEL:077-575-2379

ちか定

No image

出典:まだこれさん

滋賀県大津市にある川魚や郷土料理が供されるお店。滋賀県でうなぎと言えばここ!と言うくらい、うなぎ料理が美味しいことで有名だそう。

うなぎだけでなく、鯉や鮒鮨なども食べられるそうです。コスパ抜群と評判で、開店前から行列ができるとか。

No image

出典:あるぱかーんさん

「うな重 花」は、肉厚なうなぎが4切れ供されるそう。追加料金で赤出汁の味噌汁を、「こいこく」に変更できるとか。

「こいこく」は、ふわふわの大きな鯉の切り身が2切れ入っているそうです。白味噌がほどよい甘さで、塩辛いうな重とよく合うそう。

No image

出典:tak-bonさん

「ひつまぶし」はお店の人気メニュー。まずはそのまま食べて、うなぎの旨味と食感を十分に味わい、次に薬味と一緒に山椒もふりかけて、味の変化や深みを堪能するそうです。

最後は出汁を注いで、わさびを入れると、最後まで美味しくさっぱりと食べられるそう。

・ひつまぶしひつまぶしもうなぎはシッカリ大きめに切られ、そのまま、薬味で、出汁でと三回味わえます!うな重ごはん大盛りが効いたのですが、最後はさっぱり旨味のある出汁でいただけるので、サラサラサラサラ全部平らげられました!╰(*´︶`*)╯♡また来させていただきます。

出典:hashed25さんの口コミ

・うな重 花おぉ〜!これは美味しい!!両面パリパリで身も柔らかくてジューシー!皮面はかなり強めに焼かれてましたが、まったく焦げ感はなく炭の香りが芳ばしい〜いくら同じ強さで焼いてても炭とガスだと香りが全然違うんですよね!ガス焼きでは出せない炭特有の豊潤な香りがたまらなく美味しいです。

出典:あるぱかーんさんの口コミ

ちか定(京阪石山/うなぎ、魚介料理・海鮮料理、郷土料理(その他))

☆3.62

夜の金額:¥2,000~¥2,999

昼の金額:¥2,000~¥2,999

住所:滋賀県大津市玉野浦7-4

TEL:077-545-5224

川魚の西友 本店

No image

出典:ずっちゃんさん

滋賀県高津市にある魚介料理のお店。台湾産の養殖うなぎを使っていて、秘伝のタレで関西風に焼き上げるうなぎが美味しいと評判です。関西各地から多くの人が訪れるとか。

蒲焼きやうな重以外にも、肝焼き、うざく、茶漬けなど各種うなぎ料理が味わえるよう。

No image

出典:もぉにゃんさん

桶で供される「ひつまむし」が大人気です。サイズは1人桶から3人桶までの3種類あるよう。

パリッと焼き上がったうなぎは、そのまま食べても出汁を注いで食べても美味しいそうです。

No image

出典:ぶたがぶたをぶったさん

「川魚会席」では、メイン料理に「せいろ蒸し」か「うな重」が選べるようです。鯉のお造りや煮付け、季節の焼魚なども味わえる、豪華な内容とのこと。

使われる魚は季節によって異なり、料理の味付けに合った旬の魚が供されるそうです。

・うな重 上香りもさることながら、お味の美味しさに感動モノです。うなぎは白焼きのように結構パリパリに焼かれています。しかし、噛むたびに美味しさが口の中に広がります。ここまで苦労して来た甲斐があります。すっかりファンになりました。

出典:餓神さんの口コミ

・う巻重さて、そのうなぎですが、とても美味しくいただきました。うん。美味しかったです。身もそれなりの厚さがあります。皮もパリッとしてますし、身はふわっと。

出典:河内屋新右衛門さんの口コミ

川魚の西友(近江今津/魚介料理・海鮮料理、うなぎ、デリカテッセン)

☆3.56

夜の金額:¥2,000~¥2,999

昼の金額:¥2,000~¥2,999

住所:滋賀県高島市今津町住吉2-1-20

TEL:0740-22-9111

逢坂山 かねよ 本店

No image

出典:VOLVO850Rさん

滋賀県大津市にあるうなぎの専門店。童謡の作詞家として知られる野口雨情に、うなぎ料理は日本一と讃えられたことで有名だそうです。その味を求めて関西一円から多くの人が訪れるとか。

座敷席では、美しい日本庭園を眺めながらゆったりと食事が楽しめるよう。

No image

出典:KEINさん

名物「極上きんし重」は、ご飯の上に、巨大なだし巻き玉子がどっしりとのっています。薄く広げた玉子を何層にも丁寧に重ねて作るだし巻き卵は、ふわふわとのこと。

玉子とうなぎの相性は抜群だということを、改めて実感させてくれる逸品だそうです。

No image

出典:岸 朝男さん

「うすき」は、うなぎや野菜を出汁で煮込んで作る料理。大根おろしと、お店特製の「まろやか塩ぽんず」で食べるのが特徴だとか。

かりふわの白焼きが出汁を吸って、とろける美味しさに変身するよう。一人前から注文できるのが嬉しいですね。

・特上鰻まむしタレはあっさりしながらもコクがあってうなぎを引き立てる脇役に徹してる感じ。それ故にうなぎの味がしっかりわかる。うなぎ自体の質も悪くないね。特上はご飯の中に小さめなうなぎが2切れ。まむされてるうなぎの方が焼き強めでパリッと芳ばしく焼かれていた。

出典:あるぱかーんさんの口コミ

『逢坂山かねよ』さん、日本一のうなぎ!ご馳走さまでした!久しぶりにお邪魔して感じたのは、野口雨情に「日本一」と評されたことに胡坐をかくのではなく、「日本一」の名に恥じないようにとの料理はもちろん、細かい気配りとおもてなしの心でした。

出典:岸 朝男さんの口コミ

逢坂山 かねよ(大谷/うなぎ)

☆3.55

夜の金額:¥6,000~¥7,999

昼の金額:¥3,000~¥3,999

住所:滋賀県大津市大谷町23-15

TEL:077-524-2222

ご紹介したお店の選定方法について

「関西のうなぎ」に関する口コミとランキングを基に選定されたお店について、食べログまとめ編集部がまとめ記事を作成しています。お店の選定には、食べログでの広告サービスご利用の有無などの口コミとランキング以外の事情は、一切考慮いたしません。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加