白熱の“マージーサイド・ダービー”は2-2ドロー。リバプールの南野拓実はベンチ入りも出場なし

白熱の“マージーサイド・ダービー”は2-2ドロー。リバプールの南野拓実はベンチ入りも出場なし

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2020/10/18
No image

【写真:Getty Images】

【エバートン 2-2 リバプール プレミアリーグ第5節】

プレミアリーグ第5節、エバートン対リバプールの“マージーサイド・ダービー”が現地時間17日に行われた。試合は2-2の引き分けに終わっている。

リバプールに所属する南野拓実はベンチ入りを果たした。3分、アンドリュー・ロバートソンがゴール前に折り返したボールにサディオ・マネがダイレクトで合わせて先制点を決める。反対に17分、エバートンのドミニク・キャルバート・ルーウィンにシュートを打たれたがGKアドリアンが防いで相手に得点を許さない。

しかし19分、コーナーキックからエバートンのマイケル・キーンにヘディングシュートを決められ同点に追いつかれてしまう。それでも72分、相手が弾いたボールをモハメド・サラーが押し込んで勝ち越しに成功。

だが81分、リュカ・ディニュのクロスに頭で合わせたドミニク・キャルバート・ルーウィンにゴールを決められ再び同点に。すると90分、ティアゴ・アルカンタラに対して危険なファールを犯したリシャルリソンが退場。

リバプールが数的優位になると、直後の後半アディショナルタイムにジョーダン・ヘンダーソンがシュートを放ってゴールネットを揺らす。しかし、オフサイドの判定によってゴールが取り消された。お互いに勝ち越しゴールは奪えず、試合は2-2の引き分けに終わっている。

【得点者】
3分 0-1 マネ(リバプール)
19分 1-1 キーン(エバートン)
72分 1-2 サラー(リバプール)
81分 2-2 ルーウィン(エバートン)

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加