佐村河内守のYouTubeが“意外な”高評価「オリンピックのテーマソングつくって」

佐村河内守のYouTubeが“意外な”高評価「オリンピックのテーマソングつくって」

  • まいじつ
  • 更新日:2021/07/22
No image

(C)ViDI Studio / Shutterstock

2014年、ゴーストライター問題と詐病疑惑で渦中の人物となった作曲家・佐村河内守。一時は日本中のバッシングを浴びた彼の現在に、意外にも尊敬の眼差しが注がれているようだ。

【関連】佐村河内守氏“ゴーストライター騒動”から6年…行方知れずの今…ほか

「彼は耳が不自由ながら、原爆をモチーフとした『交響曲第1番〝HIROSHIMA〟』などの名曲を生み出し、NHKはじめ多くのメディアで『全聾の天才作曲家』などと取り上げられてきました。中には『現代のベートーベン』なる称賛までありましたが、2014年2月、作曲家・新垣隆氏が彼のゴーストライターを務めていたと告発。また、耳が聞こえないことが詐病であるとの疑惑もあがり、逆にかわいそうになるほど日本中から叩かれました」(週刊誌記者)

以降、彼は表舞台に一切姿を表さなかったが、7月の『デイリー新潮』インタビューによると、2018年からひっそりと作曲活動を再開していたとのこと。昨年秋からは自身のYouTubeチャンネルも開設し、不定期で新曲を発表している。

あの頃からは考えられない高評価連発

この楽曲なのだが、あの叩かれっぷりからは想像できないほど、意外にも好評が寄せられているのだ。最新の発表作である『秋うらら』のコメント欄を見ると、

《凄い曲!!! やっぱり佐村河内さんは疑いようのない天才でした!》《4分4秒の中に凄まじい情報が詰まっています》《ちょっと鬼武者の曲っぽい! 佐村河内さんやっぱり天才だなぁ》《2:22から始まるティンパニー(わたしの耳ではそうきこえます)が流れるシーンは「鬼武者」「交響曲一番」と共通した感覚》《胸騒ぎ皮膚ざわめく根源的郷愁掻き立てる、幾重にも重なり疾風濫立する主題の怒濤に強襲され、翻弄され、蹂躙され続けること数分》《オリンピックのテーマソングつくってほしい》

など絶賛の嵐が吹き荒れている。時間が経って人々もフラットな評価を下せるようになったのか、ここへ来て再注目を浴びているようだ。

「デイリー新潮」の記事によると、「騒動に翻弄され、4年近く精神を病むような時期が続きました。相変わらず鬱々とししんどいながらも、今は逆に音楽制作に精神を救ってもらっております」とのこと。今後、多くの人々から評価される楽曲を発表し、奇跡の〝一発逆転〟を果たすかもしれない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加