ビーパル10月号の付録は「MOSS TENTS」のサウナハット!小ワザが効いたオリジナルデザイン

ビーパル10月号の付録は「MOSS TENTS」のサウナハット!小ワザが効いたオリジナルデザイン

  • BE-PAL
  • 更新日:2022/09/23
No image

筆者私物。

サウナを楽しむための実用品に、MOSS TENTSの美しさを

ビーパル2022年10月号(9月8日発売)の付録は、「MOSS TENTS × BE-PAL outdoor ととのうサウナハット」。

伝説的なテントメーカーとして知られるMOSS TENTS(モステンツ・モステント)とのコラボアイテムであり、ほかでは手に入らない完全オリジナルデザインのサウナハットです!

サウナといえば、フィンランド式サウナがあるキャンプ場や、テントサウナを設置しているキャンプ場が増えているほど、近ごろ注目度が高まっているアクティビティー。

そしてそのような場所へ行くと、めずらしいスタイルの帽子をかぶっている人が見られます。その帽子こそがサウナハットです。

No image

サウナハットは、サウナ愛好家にとって定番のアイテム。

サウナハットは頭部を熱から守ることにより、髪の傷みや“のぼせ”の防止に役立つすぐれもの。

血流促進による健康効果、そしてサウナと水風呂と休憩を繰り返すことにより得られる快感、いわゆる“ととのう”感覚を、頭部をいたわりながら楽しめます。

すでにサウナを趣味としている人はもちろん、サウナに興味がある人や、これから始めようとしている人にとっても有用なアイテムです!

しっかりした作り込みで装着感も良好!

No image

5枚のフェルト生地をミシンで縫いあわせています。

このサウナハットの素晴らしいところは、丁寧な作り込み。フェルト生地を1枚1枚しっかりと縫いあわせ、立体感のある形状に作られています。

また、フェルト生地は適度にコシがありつつ、しなやか。頭の形にフィットし、快適なかぶり心地を実現しています。

遮光性があり、深くかぶって目を覆うと、アイマスクを装着するのと同じ効果も。目に入る光をカットすることで、より深くリラックスできます。

グレーのフェルト生地に対して、縫製に白い糸を使っている点も注目のポイントです。

デザインにおいてほどよいアクセントになっており、オシャレ度アップに貢献していることは間違いありません。

質感が高く、実用的なポケットを装備

No image

ポケットがあるとないとでは大違い!

なによりも目を引くのが、色鮮やかなMOSS TENTSのロゴ。これは単なるプリントではなく、細い繊維で編み込んで作られたもの。かなり上質感のある仕上がりです。

少しばかりメタリックな質感を帯びているところも、筆者のお気に入り。穏やかに光を反射して、このサウナハットが特別なものであると主張しているようにも感じられます。

そして、ポケットとして使えるのが非常に優秀です。ヘアゴムや貸しロッカーの鍵などを入れるのに重宝することでしょう。

ポケットつきのサウナハット自体がめずらしいだけに、大きな価値を生み出している要素でもあります。

大きめのループが使用後・洗濯後の乾燥に便利

No image

手を通せるほど大きなループ。

サウナで使用すると、当然ながら汗を吸収して濡れた状態になります。清潔に保つためには、使用後にしっかり乾燥させなければなりません。

その点、このサウナハットには大きめのループが縫いつけられており、場所を制限されずに干すことができて便利です。

ループのサイズは手の指が4本入るほどで、サウナハットを持つために片手が塞がってしまうこともありません。地味なところですが、実用性を高めている要素です。

ループのフチがギザギザに裁断されているのもポイントで、遊び心のある、オシャレで可愛らしい見た目をよりいっそう際立たせています。

付録の枠を超えたクオリティー

No image

個性的でありつつ、嫌味のないデザインも魅力。

シンプルなカラーリングをベースに、鮮やかな色使いのロゴが映える「MOSS TENTS × BE-PAL outdoor ととのうサウナハット」。

毎度のことながら付録のレベルを超えたクオリティーで「サウナへ頻繁に通うから、サウナハットを買い増ししたい」という人にもおすすめです。

実際に手にしてみて、ポケットつきだからこその機能性も魅力的でした。

しばらくのあいだ、鳴りを潜めていたMOSS TENTS。待ち望まれていた復活を果たし、往年の名作を復刻版として生産し始めた伝説的なテントメーカー。

ビーパルとのコラボは2022年に入ってから2回目で、今後のコラボにも期待してしまいます。なぜならMOSS TENTSは、ほかのどのメーカーよりも美しさを追求してきた存在。

またコラボが実現するのなら、そのときもデザイン性の高いアイテムに仕上げてくれるはずです!

No image

私が書きました!

アウトドアライター

斎藤純平

キャンプに関する記事を中心に執筆しているアウトドアライター。趣味はキャンプ・国内旅行・バイク・スキューバダイビング。温泉や神社を巡るのも好きで、そこそこ詳しい自信あり。どこにも定住しない自由気ままな生活を目指すため、ライターとして活動している。

BE-PAL

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加