J&J追加接種、オミクロン株入院予防効果85%=南ア研究

J&J追加接種、オミクロン株入院予防効果85%=南ア研究

  • ロイター
  • 更新日:2022/01/14

[ヨハネスブルク 14日 ロイター] - 南アフリカ医学研究評議会(SAMRC)のグレンダ・グレイ会長は14日、米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の新型コロナウイルスワクチンについて、ブースター接種(追加接種)として投与した場合、接種後1─2カ月間のオミクロン株に対する入院予防効果が85%に達したと述べた。

No image

1月14日、 南アフリカ医学研究評議会(SAMRC)のグレンダ・グレイ会長は、米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の新型コロナウイルスワクチンを追加接種した場合、接種後1─2カ月間のオミクロン株に対する入院予防効果が85%に達したと述べた。昨年2月撮影(2022年 ロイター/Dado Ruvic)

調査は、オミクロン株を中心とする現在の感染第4波で感染した医療関係者を対象に実施。接種から2週間の入院予防効果は63%、接種後1─2カ月の入院予防効果は最大85%だった。

同会長は「オミクロン株に対する非常に高い効果を報告できることを嬉しく思う」と述べた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加