パリでもっとも長い歴史を持つ本屋「Delamain」【フランス】

パリでもっとも長い歴史を持つ本屋「Delamain」【フランス】

  • ワウネタ海外生活
  • 更新日:2023/01/25
No image

オペラ地区にある本屋「Delamain」は、パリでもっとも古い本屋です。創業はなんと18世紀、何百年もパリジャンの読書欲を満たしてきました。

もともとはパレ・ロワイヤル庭園のアーケード内にありましたが、火災が発生したことで、現在の場所コメディ・フランセーズの向かいへと移転してきました。

名前の「デラマン」はコニャックメーカーのデラマンと同じですが、それは1921年から1986年までデラマン一族が本屋のオーナーだったことからきています。

No image

本屋の中は意外にも新しく、何百年も続く本屋とは言われなければわかりません。しかし、よく見ると天井までのびる本棚は年季が入っており、しっかり歴史を感じさせます。

取り扱っている本はおもに、世界各国の小説、人文科学、芸術、ガイドブック、絵本・コミック、生活などです。また、基本的には新書のみの取り扱いですが、一部古書も取り扱っており、古書収集家などに人気のようです。

入り口に並んでいるおしゃれなポストカードは、お土産などにおすすめ。観光スポットが多く集まるオペラ地区にあるので、観光の際はぜひDelamainに立ち寄ってみてください。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加