原口元気はロシアW杯日本代表の“生命線” 献身的な上下動で「ミドルプレス」を機能させた

原口元気はロシアW杯日本代表の“生命線” 献身的な上下動で「ミドルプレス」を機能させた

  • Football ZONE web
  • 更新日:2020/06/04

ロシアW杯でアザールと対峙するの原口元気(左)【写真:Getty Images】 【歴代名手の“私的”技術論|No.9】原口元気(日本代表MF):日本代表を機能させるサイドのキーマン いちおう原口元気の回としているが、技術論というより日本代表の守備に焦点を当ててみたい。 森保一監督は、2018年ロシア・ワールドカップ(W杯)の戦術を引き継いでいる。4-4-2のミドルゾーンでのプレスが基本である。守

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加