岸田首相、来週の内閣改造を表明 旧統一教会との関係点検を指示

岸田首相、来週の内閣改造を表明 旧統一教会との関係点検を指示

  • ロイター
  • 更新日:2022/08/06

[6日 ロイター] - 岸田文雄首相は6日に会見し、内閣改造と自民党役員人事を来週実施すると表明した。次々と明らかになる世界平和統一家庭連合(旧統一教会)との関係についても閣僚らに点検を指示し、国民に理解される人事を示すとした。

No image

8月6日、岸田文雄首相は、広島での平和記念式典後の記者会見で来週に自民党役員人事と内閣改造を行うと表明した。首相官邸で7月14日、代表撮影(2022年 ロイター)

公明党の山口那津男代表は同日の記者懇談会で、首相から前日に電話で10日に内閣改造を行いたいと連絡を受けたことを明らかにした。

岸田首相は広島市で開かれた平和記念式典後の記者会見で、「与党とも相談し、来週にも(内閣改造を)行いたい」と発言。新型コロナウイルスや物価高、ウクライナや台湾情勢、経済対策、安倍晋三元首相の国葬など早期に対処すべき課題を列挙しうえで、「とにかく新しい体制を早くスタートさせたいと常々思っていた」と述べ、人事の時期が前倒しされたとの観測を否定した。

さらに、安倍元首相殺害事件で注目されている旧統一教会と自民党議員の関係について、新たに任命する閣僚だけでなく、現閣僚も含めてそれぞれ点検してもらい、適正な形に見直すことを指示したいと述べた。宗教団体による悪質商法などの不法行為への対応や、被害者の救済についても政府一体となって万全を期す考えも示した。自身は旧統一教会と「関係はない」とした。

複数の国内メディアは、岸田首相が10日に内閣改造と自民党役員人事を行う意向を固めたと報じた。時事通信と読売新聞は、松野博一官房長官、林芳正外相が続投の方向と伝えている。時事は鈴木俊一財務相も続投の方向と報じている。読売によると、岸信夫防衛相は交代の方向。党役員は、麻生太郎副総裁と茂木敏光幹事長が留任と複数のメディアが報じている。

岸田首相はこの日、広島市で開催された原爆死没者慰霊式と平和記念式に出席。来日中のグテーレス国連事務総長と会談した。

(竹本能文、杉山健太郎 編集:橋本浩、久保信博)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加