彼女の元カレが気になりすぎたアラサーエリート男性の嫉妬の結末【浮気事件簿・前編】

彼女の元カレが気になりすぎたアラサーエリート男性の嫉妬の結末【浮気事件簿・前編】

  • Suits-woman.jp
  • 更新日:2021/10/14

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細を、美人探偵・山村佳子がその事件簿から紹介します!

浮気がバレた後の関係、浮気調査のポイントについても語ります。

***

彼女が過去に交際した人がたった1人とは思えない

今回の依頼者は男性です。谷中優斗さん(仮名・30歳)は、ある官公庁に勤務している超真面目な男性です。

生まれてからずっと都内の実家で暮らしており、両親ともに公務員。ご本人はきちっとした性格で、曲がったことが大嫌い。趣味は囲碁と将棋。あとは、家電の修理だそうです。

「散歩をすることや、ルーティンをこなすこと、犬の世話も好きです。決まった時間に同じことをするのが好きなんです」

国家資格の取得も趣味で、難関資格も含めて、20以上も持っているそうです。

「去年、宅建に受かりました。社労士も持っています。でも公務員だから副業ができないんですよね」

そうさわやかな笑顔で言います。優斗さんと話していると、ご両親から愛されて育った人ならではの安定感と優しさ、心の穏やかさみたいなものを感じるのです。

「実は、結婚を考えている女性を調べていただきたいのです。彼女と僕は、真面目な婚活アプリで知り合い、2年間交際しています。僕は彼女を親に紹介していますが、彼女の親にはまだ紹介してもらっていません。今後結婚を考えるに当たって、ずっと気になっていることがありまして…」

気になっていることとは、彼女の過去の交際歴が嘘っぽいこと。

「付き合った人は過去に一人しかいないと言うのです。それも高校2年生から大学2年生の4年間だけだといいます。彼女はとても魅力的なので、さすがに少なすぎるのではないだろうかと思うのです」

恋人やパートナーが過去に交際してきた人を気にする人は多く、かつての恋愛についての依頼も増えています。

「やはり、元カレに負けたくないというのはあります。それに、僕自身が彼女としか付き合ったことがないからこそ、比べられたくない。それに早く結婚したいのに、彼女にのらりくらりとかわされているのも気になるのです」

浮気をしなさそうな人だから、彼女を選んだ

浮気をされて傷つきたくない

優斗さんが彼女との交際を決めたのは、彼女が浮気しなさそうな人だと思ったから。

「営業職、クリエイティブ職、ビューティ関連、サービス業などの仕事に従事している人は、人当たりもよく、出会いも多く、きっと楽しいことをたくさん知っていて、いい男性とも出会いがあることが考えられます。僕はこの通り、何のおもしろみもない男なので、きっと…いや、絶対に浮気されてしまうと思うんです。浮気って、する方は簡単ですがされた方は傷つきますよね。男として、人間としてめちゃくちゃ傷つくと思うんです。僕は立ち直れないかもしれない。だから老舗企業の事務職に勤める彼女に交際を申し込んだのです」

職業がすなわちその人の人間性を語るものではありません。しかし、優斗さんは過去に何か悲しいことがあったのか、やたらと女性の職業にこだわります。

「それは、僕をかわいがってくれた叔母に会えなくなった経験があるからです。父の10歳年下の妹なのですが、本当に大好きでした。今思えば、初恋の人だったかもしれません。快活な人で、大学を卒業した後テレビ局に勤務し、局員同士で結婚したんです。でも、それから3年後、叔母は僕が12歳のときにある著名人と駆け落ちしてしまいました。それからもう二度と会えていないんです。叔母の浮気の問題は、僕たちの家庭にも暗い影を落としてしまいました。だから、浮気をしそうな人…つまり、“叔母っぽい”ところがある人は徹底的に避けたいんです」

憎しみは愛情の裏返し。叔母さんと過ごした楽しい日々があったからこそ、会えなくなったきっかけとなる「浮気」を恨むようになったのだそう。

「僕はたぶん、モテないわけではないのかも、と思います。だからこそ、声をかけて来るコミュニケーション上手な女性は避けていました。今の彼女も、コミュニケーションが上手ではなく、元彼が一人だけしかいないからこそ、交際を開始したんです。彼女と交際してからも、彼女に恋愛遍歴や元彼のことを聞くのですが、全然詳しく教えてくれないんです。だからこそ、気になってしまって。それに最近、僕があまりにも過去のことを聞くので怒りだしてしまって、避けられている気もします。彼女の現在と、そして過去を知りたいのです」

※本連載はプライバシーを配慮し、一部内容を変えています。

No image

彼女のことを考えると、嫉妬で気持ちが全て持っていかれてしまう。

合鍵を使った自宅に入る彼は?【後編】に続きます。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加