今さら聞けない「電子マネー」とは? メリットやデメリットを解説

今さら聞けない「電子マネー」とは? メリットやデメリットを解説

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/06/10
No image

電車に乗るために改札を通るとき、多くの方がSuicaやICOCAなどの電子マネーをかざします。気づけば、切符を購入する人のほうが少数派となりました。またスーパーやコンビニ、自動販売機などで代金を支払う際も、電子マネーを利用する人は少なくありません。

総務省統計局の調査によると、調査の対象となった10,000世帯のうち電子マネーを持っている世帯員がいる割合は、64.9%と過半数を占めています。※出典:総務省統計局「2020年家計状況商品調査」

本記事では、キャッシュレス決済の中でも特に身近な存在である電子マネーの特徴やメリット、デメリットについて解説していきます。

FPとは:

一人ひとりの将来の夢や目標に対して、お金の面でさまざまな悩みをサポートし、その解決策をアドバイスする専門家。貯蓄や税制、保険、投資、不動産、相続など、お金に関する幅広い知識を有している。

■電子マネーとは?

電子マネーとは、決済を電子データで行うサービスです。JR東日本が発行する「Suica」や、株式会社セブン&アイ・ホールディングスが運営する「nanaco」などがあります。

電子マネーは、会員登録や身分の確認をするだけで簡単に利用が可能です。クレジットカードのように、審査を受ける必要はありません。

電子マネーで決済をすると、ポイントが貯まる点も特徴的です。例えば、楽天Edyを利用すると「楽天ポイント」が、Suicaで決済をすると「JREポイント」が貯まります。※事前にJREポイントの登録が必要

普及当初の電子マネーは、カードを端末にかざして決済するのが一般的でした。それが近年では、Android端末に搭載された「Google Pay」や、iPhoneの「Apple Pay」など、スマホ決済サービスへの登録が可能となったため、電子マネーの利便性が向上しています。

▼「プリペイド型」と「ポストペイ型」の2種類

プリペイド型とは、現金やクレジットカードなどで事前にチャージをする必要がある前払い型の電子マネーです。「Suica」「nanaco」「WAON」「楽天Edy」などは、プリペイド型の電子マネーに分類されます。

一方でポストペイ型は、後払い方式の電子マネーです。「ID」や「QUICPay」などがポストペイ型の電子マネーに該当します。ポストペイ型の電子マネーで支払うと、決済金額が、登録していたクレジットカードを経由して、後日銀行口座から引き落とされます。

■電子マネーのメリット・デメリット

次に、電子マネーのメリットとデメリットをそれぞれ解説します。

▼電子マネーのメリット

電子マネーのメリットは、以下の3点です。

・決済がスピーディ

・利用できる場面が多い

・紛失しても残額が保証される場合がある

電子マネーは、事前にカードを登録したスマホを専用端末にかざすだけで、決済できます。FeliCaやNFCを搭載したスマートフォンに電子マネーを登録すると、二次元コード決済のようにアプリを起動する必要もありません。

暗証番号の入力を求められる場合があるクレジットカードや、バーコードの読み取りと金額の入力が必要なコード決済よりもスピーディに決済できる点が、電子マネーの魅力でしょう。

また対応している店舗数が多く利用しやすいのも、電子マネーのメリットです。例えばSuicaは、全国の100万店舗で利用が可能 であり、QUICPayは全国の133万ヵ所で利用できます。

参照 : Suicaにおけるデータとサービスの在り方

参照 : QUICPayの使えるお店

SuicaやWAONなど、記名式のプリペイド型カードには残額保証があるため、紛失時に手続きを行えば残額が戻ってきます。カードやスマホなどが手元に戻ってこなくても残額を返してもらえる可能性がある点は、現金にはない電子マネーのメリットです。

▼電子マネーのデメリット

一方で電子マネーには、以下3点のデメリットに注意が必要です。

・利用上限額が低い

・プリペイドカードは事前にチャージが必要

・ポストペイ型は使いすぎる恐れがある

電子マネーは、1回あたりの決済可能金額が低い傾向にあります。例えばQUICPayは、1回あたりの決済可能金額が2万円に設定されています。※QUICPay+に対応した店舗では、上限なし

クレジットカードは、1回の決済で数十万円や数百万円の利用が可能です。それに比べて電子マネーの決済可能金額は、1回あたり2万〜5万円程度であることも珍しくないため、高額な買い物にはあまり向かないといえます。

プリペイド型は、残高以上に使いすぎる心配がない一方、残高を定期的に確認し必要に応じてチャージをしなければなりません。ポストペイ型は、事前のチャージが不要ですが、クレジットカードと同様に使いすぎてしまう恐れがあります。

■電子マネー一体型クレジットカードとは?

電子マネー一体型クレジットカードとは、簡単にいうと電子マネーの機能を搭載したクレジットカードです。 状況に応じて電子マネーによる決済とクレジットカードによる決済のどちらかを選択できます。

電子マネー一体型クレジットカードには、オートチャージ機能が付いています。電子マネーの残高が不足していた場合、クレジットカードから自動的にチャージされるため、残高不足を心配することはありません。

またカードによっては、クレジットカードから電子マネーへチャージときと、決済をするときのそれぞれでポイントが獲得できます。

ただし通常のクレジットカードと同様に、使いすぎには注意が必要です。使いすぎが怖い方は、専用の管理アプリや家計簿アプリにカードを登録して、定期的に支出を確認しましょう。

■日常使いなら電子マネーが便利

電子マネーの決済に慣れてしまうと、クレジットカードや二次元コード決済の利用が、とても手間に感じます。1回あたりの決済上限はありますが、食料品や日用品の購入など日常生活で支払いをする場面においては、不便に感じるケースは少ないでしょう。

「忙しくて時間がない」と感じている方は、会計をスムーズに済ませられる電子マネーを活用してみてはいかがでしょうか。

品木彰 しなき あきら 保険・不動産・金融ライター/2級ファイナンシャル・プランニング技能士大手生命保険会社にて7年半勤務し、チームリーダーや管理職候補として個人営業、法人営業の両方を経験。その後人材会社で転職したのちに副業としてwebライターを始める。お金に関する正しい知識をたくさんの人々に知って欲しいとの思いから、2019年1月よりwebライターとして独立。これまで保険、不動産、税金、音楽など幅広いジャンルの記事を、多数のメディアで執筆・監修している。 この著者の記事一覧はこちら

品木彰

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加