プロジェクトマネージャーとプロジェクトリーダーの違いとは?

プロジェクトマネージャーとプロジェクトリーダーの違いとは?

  • おかねチップス
  • 更新日:2022/11/25
No image

プロジェクトマネージャーとプロジェクトリーダーはともにプロジェクト開発に携わる仕事のため、仕事内容や役割の違いに疑問を持っている方もいるのではないでしょうか?

プロジェクトマネージャーとプロジェクトリーダーは、一見似ているポジションではありますが、明確な違いが存在します。

今回はプロジェクトマネージャーとプロジェクトリーダーの違いについて、詳しく解説します。

2つの役職の違いを踏まえて、プロジェクトマネージャーとプロジェクトリーダーそれぞれの仕事内容についても合わせて解説するので、プロジェクト開発に関わる仕事に興味がある方は、ぜひ参考にしてください!

プロジェクトマネージャーとプロジェクトリーダーの違い

プロジェクトマネージャーとプロジェクトリーダーはよく似た役職に見えますが、仕事内容や役割には明確な違いがあります。

ここではプロジェクトマネージャーとプロジェクトリーダーの違いについて、ポイント別に解説します。

業務の範囲が違う

プロジェクトマネージャーとプロジェクトリーダーでは、任せられる業務の範囲が異なります。

プロジェクトマネージャー:プロジェクト開発全体の企画・管理・進行を行う
プロジェクトリーダー:プロジェクト進行におけるメンバーに指示を出す

プロジェクトマネージャーは、プロジェクトを企画し、開発内容の設定・メンバー編成に至るまで、プロジェクトをゼロから立ち上げる役職です。

プロジェクトが成功するか否かはもちろん、コストや時間に見合った利益を上げられることが必要です。

一方でプロジェクトリーダーは、プロジェクトマネージャーが立ち上げたプロジェクトを動かすに際して、現場でメンバーに指示を出し決められた仕様に沿った成果物を上げることが主な仕事です。

現場でのメンバーへの指示出しや指揮権が与えられますが、決められた納期までに仕様に準じた成果物を上げることが求められます。

特に規模の大きなプロジェクトの場合、プロジェクトメンバーをいくつかのチームに分け、それに合わせてプロジェクトリーダーも複数人選出する場合もあるでしょう。

つまりプロジェクトマネージャーとプロジェクトリーダーは、共通してプロジェクト開発において管理・指示出しをする立場にはありますが、業務の区分が明確に異なる役職です。

役割が違う

プロジェクトマネージャーとプロジェクトリーダーは、プロジェクト開発における明確な役割の違いがあります。

プロジェクトマネージャー:プロジェクト開発全体を企画・管理する役割
プロジェクトリーダー:プロジェクト開発におけるメンバーをまとめる役割

プロジェクトマネージャーは、プロジェクト開発そのものを企画し、管理することが主な役割です。

管理の中には販売先との打ち合わせや外注先・発注先との相談、予算や時間の確保など、経営やマネジメント部分にも深く関わります。

そのため場合によっては、プロジェクトマネージャーは開発そのものに携わることはほとんどない場合も珍しくありません。

一方でプロジェクトリーダーは、プロジェクト開発において社外よりも社内に目を向けた業務が中心になります。

開発に携わるメンバーをまとめ、ときには自分もプロジェクト開発に携わりながら、納期までに成果物を上げることを目指します。

責任が違う

プロジェクトマネージャーとプロジェクトリーダーでは、負う責任の範囲が異なります。

プロジェクトマネージャー:プロジェクト開発全体の責任を負う
プロジェクトリーダー:任されたチームの成果・仕事に責任を負う

プロジェクトマネージャーは、自分が企画し立ち上げたプロジェクト開発全体の責任を負う役職です。

納期までにニーズに合った成果物を上げられるかどうか、成果物を上げることでより多くの利益を上げられるかどうかが問われます。

つまり評価が高い・より多くの利益を上げられる成果物を企画し世に送り出せるプロジェクトマネージャーは、ビジネスにおける評価も高まるでしょう。

一方でプロジェクトリーダーは、自分が担当するチームに任せられた仕事・成果に対して責任を負います。

担当するのはプロジェクト全体ではなく、プロジェクトのなかでも自チームに任せられた一部の工程に限られます。

もちろん一部の工程であっても、仕事が滞ればプロジェクト全体に遅れや損失が生じるので、同じく責任重大なポジションです。

No image

プロジェクトマネージャー(PM)とは

プロジェクトマネージャー(PM)とは、プロジェクト開発の企画立ち上げ・管理・運用に至るまでを担う役職です。

自分でゼロからプロジェクトを企画し形にしていけるため、非常にやりがいがある仕事である一方、経済活動の一環だからこそ、需要をリサーチし利益を生み出せる企画を検討する必要があります。

そのためプロジェクトマネージャーは、技術開発における深い知識はもちろん、市場の需要を見通すマーケティング能力や、メンバーをまとめ開発を順調に進めるためのマネジメント能力・コミュニケーション能力が必要です。

プロジェクトマネージャーの仕事については、こちらの記事でも詳しく解説しているので合わせて参考にしてください!

プロダクトマネージャーの仕事内容が知りたい!役割は?

No image

プロジェクトリーダー(PL)とは

プロジェクトリーダー(PL)は、現場でチームをまとめシステム開発を進めていく役職です。

以下ではプロジェクトリーダーの仕事内容や必要なスキルについて、詳しく解説します。

プロジェクトリーダーの仕事内容

プロジェクトリーダーは、プロジェクト開発におけるチームを取りまとめリーダーとして立ち回る役職です。

プロジェクトリーダーの仕事内容についてまとめます。

・チームに任された業務を確認し開発の責任を負う
・開発チームのメンバーをまとめ指示を出す
・チームメンバーが最大限に能力を発揮できるようサポートする
・メンバーの業務を管理しシステム開発を進める

プロジェクトリーダーの仕事内容は、プロジェクト内に組織されたチームを管理することが中心です。

チームの数・規模は、そのプロジェクトにより異なり、開発の根幹に関わるチームや規模の大きなチームであればあるほど、業務における責任・やりがいともに増えていくでしょう。

プロジェクトリーダーの必要なスキル

プロジェクトリーダーになるなら、開発チームを管理しまとめるためのスキルが必要です。

・チームをまとめるためのコミュニケーション能力
・開発進捗やメンバーの様子を把握するための情報収集能力
・システム開発を進めるための技術・専門知識
・プロジェクト開発における進捗・品質管理能力

プロジェクトリーダーは、技術者として実務経験を積んできた人材の中から登用されるパターンが多いですが、リーダーに任される業務はシステム開発だけではありません。

そのためシステム開発をより順調に進めるための、コミュニケーション能力や管理能力を伸ばしながら働いていくことが大切です。

これらのスキルは働きながら意識的に伸ばしていくのはもちろん、書籍や資格試験を活用して磨いていくのも良いでしょう。

No image

PMとPLの責任範囲の違いをきちんと覚えましょう

プロジェクトマネージャーとプロジェクトリーダーの違いについて解説しました。

プロジェクトマネージャーとプロジェクトリーダーはいずれもプロジェクト開発における管理を任される責任重大な業務ですが、担当する範囲や業務内容は大きく異なります。

そのため業務を任された際は、そのポジションに求められるスキルを伸ばして挑みましょう。

仕事内容や求められるスキルの違いを踏まえて、特定の職種に絞って就職・転職先を見つけたいのであれば、サクサク仕事探しがおすすめです。

サクサク仕事探しでは、プロジェクトマネージャーやプロジェクトリーダーなど、プロジェクト開発に携わる求人を数多く掲載しています。

サイト内では職種や主な仕事内容などから、自分にマッチした求人を簡単に見つけられるので、プロジェクト開発に携わりたいと考えている方は、ぜひチェックしてみてください!

文/おかねチップス編集部
監修文/おかねチップス編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加