トコジラミはなぜ発生するの?駆除や対策について解説

トコジラミはなぜ発生するの?駆除や対策について解説

  • くらしのマーケット
  • 更新日:2020/09/16
No image

トコジラミとは

トコジラミはナンキンムシともいわれます。
トコジラミはいくつか種類があるのですが、人間の血液を吸血するのはタイワントコジラミ(熱帯トコジラミ)という種類となります。

かまれた場合は、アレルギー反応が起こり、激しいかゆみが生じます。傷口はなかなか消えず、かまれた日から2週間以上は跡が残ります。

トコジラミはなぜ発生するか

戦後、一度は絶滅したトコジラミですが近年増加傾向にあります。ホテルや宿泊施設での発生が特に多くなってきているといわれていますが、これは海外からの旅行者に持ち込まれた可能性が指摘されています。

海外でのトコジラミが大発生したときに、衣服やバッグなどと一緒に運ばれてきたのが日本での発生原因と考えられます。トコジラミは人やものと一緒に移動していきます。

繁殖力が強い虫ですので、一度ついた卵はすぐに孵化し、幼虫から吸血しながら成長、増殖を繰り返していきます。

最近は戸建て住宅やマンションなどでも発生する例も多くみられますが、決して環境が不衛生であるから発生するのではなく、このように荷物や人を介して付着したものがどんどん繁殖範囲を広げていくことが原因となっています。

トコジラミの駆除方法

トコジラミは、狭くて薄暗いところを好んで卵を産み付けます。

柱や家具の隙間、畳のつなぎ目、カーテン裏、カーテンレールなど目につきにくい場所を好んで潜伏するようです。

駆除方法はいくつかありますが「殺虫剤駆除」「加熱駆除」が一般的です。

①殺虫剤で駆除する場合

直接吹き付ける方法と、薬剤に触れるようにおびき寄せて駆除する方法があります。

直接殺虫剤で駆除する場合はエアゾールタイプが主流です。駆除するときには、糞が付着している個所、汚れている個所はトコジラミが潜伏していますので、しっかり殺虫剤を使って退治します。

②加熱駆除する場合

油を落とすスチーマーを使って、ベッドの隙間や床、ソファーなどを加熱殺虫します。

熱湯(80℃程度)で洗濯をするという手段も効果的です。ただし、この方法は耐熱の床材や、素材のものに限ります。

また、加熱温度が低すぎる場合も完全駆除はできません。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加